BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ >  

BCC をご存じですか

2017 - 04/12 [Wed] - 10:00



BCC 、インターネットで検索しても出てくるのはまだ同じ名称のメールで使われるものの説明ばかりです。

先日こちらの記事を目にしました。

【犬のゲノム研究が明らかにしてきたこと (25) -激しい運動後にへたり込む、運動誘発性虚脱(EIC)とボーダー・コリー虚脱(BCC)】

当ブログでもご紹介してきた dog acutually さんのものです。

すでにご覧になった方々もいらっしゃると思います。

もちろん、詳しくは当該記事本文を読んでいただきたく存じます。


激しく運動をした後ふらついたりへたり込んでしまう、、

ボーダーコリーではない犬種においても同じ犬飼さんなどからこんな話を聞いたことがありませんか?

研究によればこれは 「運動誘発性虚脱(EIC)」 と呼ばれるものです。

現在までのところこれは遺伝子変異にその原因があることがわかってきています。


これと区別されるものが BCC ボーダー・コリー虚脱(Border Collie Collapse)です。

こちらは遺伝子に変異が無いことから EIC と分けて考えられています。

ボーダーコリーの名を冠していますが同様の症状が発症している他犬種の例もみられていますので、EICとは別の遺伝子の変異などの関係が疑われています。


今後一層の研究が進めばよりよい治療の方法も見つかってくるかと思います。

ただ、こういった病気の存在を知り、飼い主がそのことを念頭に置いておくことができるのであれば、激しすぎる運動を控えたり興奮やストレスに配慮するなど注意を払うことができます。

虚脱症状から引き起こしかねない事故に対する予防、熱中症やてんかんなど同じような様子に見えるときの判断など。

あなたの共に暮らす犬にこうした要素が考えられるのなら、、

あらかじめ知識をもっていることが役に立つかもしれません。


この後こうした病気によりよく対処してゆける医学の進歩を願うばかりです。

(dog acutually さまの記事をご紹介し、内容より引用させていただきました。)












BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ



嬉しいやきもち 卒業犬プリムラのその後

2017 - 04/10 [Mon] - 09:37

おはようござます!!春です。さくらも綺麗に咲いてきました。
こんな時節、家族でお花見楽しいですよね。


そして、こんな時期に我が家に来たのが、プリムラでした。プリムラって、サクラソウ科の可愛いお花の名前です。
今回はそんな可愛いプリムラ、今はオリビアですが、のお話です。


オリビアが我が家に来てまる2年。もう2年もオリビアと暮らしています。
オリビアは、拾われてセンターに収容されたので、生まれてからセンターに来るまでの過去が全くわかりません。
 推定年齢2歳。誕生日も生まれた年もわからず、彼女が生まれた時の写真もない。
ただただ、何の癖かわかりませんが、お手のような手を出してきます。
この手で殴ってきたりもするのでお手じゃないと思うんだけど(-_-;)


2015-05-15 003
目が半開きで、がりがりだった頃。



 出会った時の彼女は、目は半開きで曇っていて焦点もあわず、ボーっとしている子でした。
貧血だったためか、体が痒かったのか、心が死んでいるようにもみえたのです。
彼女がうちに来ても、すぐに心を開いてくれると思いましたが、
目のくもりは変わらず、心を閉ざしてじっとしているだけでした。


しばらくして家にも家族にも慣れてはきましたが、なかなか私以外の家族と目を合わせることはしませんでした。
そして、待つこと1年、病気も治り、体重もドーンと増えて食べることも不安もなくなった彼女は、
だんだんと意思を持つようになり、抱っこ嫌やとかおやつ♪とか、少しずつ感情を出してきました。

2015-11-15 013
デブになりました(-_-;)




それから半年経ったころには、笑顔も出てきてよく笑うようになってきました。
朝は、私たちより早く店に出てお客さんの相手をするようになり、いい子を頑張ってる感じでした。
そして、昨年末、我が家に新たに保護犬の2歳のボルゾイが来て、どうするんだろうと見ていたら、
1週間たってから、オリビアの方からボルゾイのノエルに手を差し出して、ワンプロを誘ったのです。
遊びもろくにしなかった子がノエルと遠巻きに見ていた子が。
自分から誘ったのです。
この子がここまで意思表示をすることができるようになってきたのかと家族で喜びました。



そして、先週、仕事から帰ってきて、ただいまのキスもせず、ノエルを病院に連れて行って帰ってから、
オリビアが私を無視。
完全無視。
おいでといったらハウスに入ってしまった。

なんだか怒っているのがわかる。怒ったオリビアは、初めてだった。
これってもしかして焼きもち???

無視されて悲しいけど、ここまで心に感情があふれてきたオリビアに、
この子がやっと心を開いてくれたんだなあと実感した瞬間でした。


まる2年待って、私はこの子に愛されていると実感できた。きっと、前から愛してくれてたんだろうけど。
 


保護犬は、過去にいろんな経験をし、どの子も某かのトラウマを持っています。それは、人間と同じ心の傷なのです。
そのトラウマがいろんな行動となって表れてきます。
食糞だったり、吠えだったり、食欲だったり、おしゃぶりだったり。

それらは、すぐに治るものではなく、時間をかけてゆっくりと付き合うしかないものです。
時間をかけても治らないこともありますが、心の傷はそれだけ深いこともあるのです。
保護犬、いろいろ大変そうと思われるかもしれませんが、
愛情をかければこんなに変わっていってくれる彼らを、私は愛さずにはいられません。

そして彼らを育てることによって、私も成長できているのだと実感できます。

大変な子ほど、喜びも成長も大きい(笑)

保護犬。彼らを育ててみませんか?
BCRNでも、たくさんの素敵な保護っこたちが素敵な出会いを待っています。




!!!同時サポータ―募集!!!  
たくさんのボーダーコリーと触れ合えます。
生涯飼育は無理という方も、一時預かりという方法でボーダーコリーを救済できます。
私たちと一緒に活動しませんか?




BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ






☆<毎月11日>はイオン幸せの黄色いレシートの日☆

2017 - 04/08 [Sat] - 09:00

≪毎月11日≫ は
イオン 黄色いレシートキャンペーン」の日です


毎月11日の「イオンデー」に行われている
イオン幸せの黄色いレシートキャンペーンは、
サポートを必要とする 地域のボランティア活動団体と
それを応援しようとされる方々を結ぶ
イオンさんの社会貢献の取り組みの一環です。

毎月11日にイオン店内に地域のボランティア団体の
名前と活動内容が表記されている投函ボックスが設置されます。


1390130897270.jpg

各フロアに設置される投函透明ボックスです。

お買い物されたお客さまが受け取った黄色いレシートを
ボックスに投函していただくと 
「集まったレシートのお買い上げ金額合計の1%」が
イオンギフトカードとして贈呈され、
ボランティア団体はそのカードで
イオン店内での活動必需品を購入出来る
というシステムです。

BCRNでは毎回
保護犬達に必要な
ペットシーツ、フード、シャンプーなどを
購入させて頂いています。

BCRNでは 
関東地区 イオン品川シーサイド店 東京都品川区東品川4丁目12-5 (アクセスMAP)
     の1店舗で助成先団体として 投函ボックスを設置させていただいております。


4月11日(火)のイオンデー
お近くの皆様はぜひ
イオンでお買い物頂いた後の「黄色いレシート」を
『ボーダー・コリー・レスキュー・ネットワーク』と書かれた投函ボックスへ
投函お願い致します。

シャロン1



ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ


改めましてのお願いです。。。


全国的にボーダーコリーのレスキューが必要な状況が続いています。

この命をなんとか繋ぎ止めたいと思うのです。

ですが、今BCRN内の預かりはほぼ手一杯の状態です。
懸命に内部での受け入れ先を模索もしていますし、現在までの窮状をふまえ外部預かりさまへの移行も進めています。

しかし、期限の迫った犬たちもいるなか、受け入れ先を更に求めざるを得ない状況となっています。


このままでは「レスキューストップ」という状態に陥ってしまいます。

私たちBCRNメンバーも、懸命に「1つでも多くの命」を救いたいと願いながら頑張っております。

その上で更なるお力添えを・・・何卒よろしくお願い申し上げます。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

愛犬家の皆さまへ どうかお願いです!

2017 - 04/05 [Wed] - 09:00


昔、ある収容所でのこと。ボーダーコリーらしき子が収容されていました。
BCRNで引き出す方向で連絡したところ、すでにその子は亡くなりましたとのお返事。

一旦収容部屋に入れられたら、病気の子でも、オスでもメスでも
たとえヒート中の子でもみんな同じ大部屋に収容されることがあります。

この子の場合は、その大部屋にいた時、
感染症にかかり、亡くなったのではないかと言うことでした。

収容所から出す子には感染症の危険性が高いということを改めて痛感いたしました。


以前、他の収容所でも引き出し直前に感染症で亡くなってしまったことがありました。
引き出したら、パルボに感染していた子も居ました。

保健所などの収容所には、さまざまな子が収容されます。
それらの1頭1頭に個室があるわけではありません。
その日に収容された子はみんな一つに部屋に・・・というのが多いのです。
病気になって世話が出来ないから と連れてこられた子も居ます。
庭の隅で野良が死に掛けていたからと言われ、収容した子も居ます。
そんな子から、一緒に収容された子に病気が感染するのは避けられません。


愛犬が居なくなったら・・・
「数日経ってから保健所に聞きに行けばいい。」
などと言っていては取り返しのつかないこと になります。

もしかしたら 交通事故 に遭っているかもしれません。
すぐに 必死で探すべき です。
万が一、収容された時は、帰ってきたら 病院 へ連れて行きましょう。


また、多くの感染症は 混合ワクチンを接種していることで防げます。




    どうかお願いです!


「うちの子は大丈夫」。
などと思わず、混合ワクチンは必ず接種 してあげてください。

 愛犬を守れるのは 飼い主様しかいない のですから。










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

物資支援の御礼と現状

2017 - 04/03 [Mon] - 09:00

いつも保護犬に暖かいご支援をありがとうございます。

Amazon支援窓口開始から1年が経ちましたが、これまで

ドッグフード およそ315kg

ペットシーツ およそ5,000枚

その他、衛生品やおやつなどの沢山のご支援を頂きました。

ありがたく活用させて頂いております。

と同時に、支援品の到着や暖かいメッセージに
預かりサポーターたちも大いに励まされています。

お力を貸して下さる方々が、
保護犬を気にかけて下さる方々が
全国にいらっしゃるという事実はとても大きな力になっております。

改めて御礼を申し上げますとともに、
折に触れ様子をお伝えしていこうと思っております。


さてこのところの傾向として、シニア犬の保護が増えています。

歳を重ねると何かしら出てくるものですが、
加えて長らく厳しい環境下で過ごしていたり、
急な生活変化によるストレスを多く受けてしまうシニア犬。
機能低下や慢性化した疾患により、
通常のフードでは対応できないケースも多々あります。

そこで昨年秋より、
療養食と特別機能食にも範囲を広げてご支援のお願いをすることにいたしました。

ご理解を賜りますれば幸いです。

444.jpg

糖尿病でインスリン注射が欠かせないラン。
糖質を抑えたフードで"食べる楽しみ"を満喫しつつ
体調管理に努めています。

動くのもしんどそうだった子、血液検査の数値が振り切れていた子、
下痢や嘔吐で苦しんでいた子たちが、合うフードを変えること(+ケア)でずいぶん楽になりました。
持病のある子も、おかげさまで安定した状態が保てています。

445.jpg

保護時はほとんど動かなかったコマキ。
食い渋りもあり、原因を探ると慢性膵炎でした。
療養食に変更後は、一時はレッドゾーンにあった数値も徐々に改善。
半年かけた減量にも成功し、幸せをつかみました。

新しい家族を待つ保護犬たちを、どうぞ見守ってやって下さいませ。

今後ともよろしくお願いいたします。

446.jpg


馬尾症候群と十字靭帯の手術をしたリアン。
慢性関節炎もあるため、関節ケアフードを食べながらリハビリをがんばりました。

*療養食を必要とする保護犬はは全て、獣医師の指導を受けております。






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

« | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN