FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ >  

ワクチンの話  ジステンバー

2018 - 09/05 [Wed] - 09:09

おはようございます!

先日、夏の暑い日の午後、汗を流して受けに行ったワンコの資格試験。

まだ結果は出てませんが、おそらく、再度頑張りましょう的な結果となるでしょう。

その理由はこれ!
試験中に思わず迷いが出た。
ジステンバーとジフテリア・・・・・・
きちんと勉強したはずなのに、ジステンバーとジフテリア、犬に関わるのはどっちだった????
で、結局選んだのは、ジフテリア(T_T)


その因縁あるジステンバーの話です。

ジステンバーとは、イヌジステンバーウィルスというウィルスによって発病する感染症で
犬の鼻や口から体内に侵入し、体内の組織の中に入って全身に広がって最終的には脳まで障害をきたします。

感染は、感染した犬からの飛沫感染、直接感染、とそのウィルスが付いた食べ物と摂取するという間接感染があります。
感染しても免疫力が強くウィルスを撃退できる犬なら、風邪かなという程度で2-3日で治ることもあるので
犬が感染してるかどうかはわからず、他犬と接して感染している恐れもあります。

なにか風邪かな?と思ったら病院へ行ってみましょう。


感染後の症状は、
感染して4~6日後に、発熱、食欲不振、
他、嘔吐、悪臭を伴う下痢と血便、膿のような鼻汁、咳、くしゃみなどあります。

進行すると、脳にまで広がり
やたら興奮したり、てんかんのような発作や、グルグル回転したり、暴走。チック、下半身の麻痺など
神経症状がでてます。


しかし、このジステンバーには、現在有効な治療法がなく、
入院して対症療法を受けろことが必要です。
またほかの感染症との合併症になると死に至る可能性は高くなります。
やはりいろんな症状が出てワンちゃんたちが苦しむのは嫌ですね。

ですので、先に予防しておくことが必要になってきます。
そこで大事なのが、ワクチンです。
ジステンバーのワクチンは単体ではなく1~9種までの混合ワクチンの中に必ず含まれています。
それだけ基調なワクチンと言えるでしょう。

普段そんなにジステンバーに感染したというニュースは聞きませんが
地方によっては散在的に発生しているといいます。

旅行へ行ったりしたときとかにも注意するかワクチンを接種させておくという心がけは必要かもしれません。










2017-07-09 009

現在ご家族さま大募集中のリヒト君!!!
彼もちゃんとワクチン接種してますよ(*^_^*)
元気で心優しい彼のご縁を紡いでください(=^・^=)









BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


保護犬との生活

2018 - 09/03 [Mon] - 09:00

抜け毛が多いとされるボーダーコリー。

こまめにブラッシングしないと毛玉ができたり、皮膚病の原因となってしまいます。

でも、ブラッシングが嫌いな犬もいますよね。

我が家も二匹いるボーダーのうち一匹はブラッシングも爪切りも大嫌いなので

固めのおやつを与えて誤魔化しながらやってます。

ウェンディ2


保護犬を迎えいれるときには保護犬日記の

<お手入れ>のところを読んでみてください。

ちょっとずつなら可能。とか

嫌がるので無理。とかいろいろ書いてあると思います。

そういったところも気にしていただくとより一層

保護犬との生活が想像ができると思います。

ただ生き物なので最初はできなかったことができるようになったり

その逆もあると思います。

リヒト5


預かりさんが書いてくれる保護日記をよんで

保護犬を迎え入れることを想像してみてくださいね。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


家族募集中(329)ヘンリー(九州)

2018 - 08/29 [Wed] - 09:00

今日は新しいご家族を待っているヘンリーのご紹介です。

へんりー6

(329)ヘンリー(九州)
2014/04/20 BCRNで保護しました。
性別:♂(去勢済)
年齢:推定10~12歳(2018.6月現在)
体重:17kg
健康状態:良好 フィラリア(強陽性) 狂犬病接種済 9種混合ワクチン接種済
性格:いつも笑顔の”晴れ男”ヘンリーは、人懐っこい性格で、誰にでもなでてもらうことができます。ひどく怖がるものや、無駄吠えは見られません。お散歩の引きが強く、大きなエンジン音の車や猫に向かっていきますので、お子様だけでのお散歩はご遠慮ください。フィラリア陽性のため、予防薬の通年投与をお願いいたします。

💚ヘンリーの1日

ヘンリー地方も猛暑続きの夏ですが
早朝と深夜は、わずかに涼しく感じられるようになってきました。

以前とあまり変わりありませんがヘンリーの近況は

朝6時から1時間ほど「お散歩」
へんりー5

帰宅後「朝ごはん」
その後、家人の朝食中は「何かもらえないかな~」的な格好で待機。
ヘンリー1

朝9時30分すぎ、大好きなビスケットを7枚持ってお留守番家へ移動。
それから夕方のお散歩のためにお迎えに行くまで
静かにお留守番。こればかりは本当に感心します。

長めのリードを2本つないで係留していますが
エアコンをつけた部屋と廊下を自由に行き来できるようにしています。
途中、家人が家に戻ることもありますが
まだ‟自分の時間”じゃないってわかっているんでしょうね
玄関まで出てきますが、サラリと自分の「持場」に戻ります。
ヘンリー3

夕方の「お散歩」は今の季節だと道路の熱が冷めるのを待って
20時頃になります。
散歩のために迎えに行くと、今度は
「ボクね、ボクね、待っていたよ♪」と言わんばかりに
バタバタと出迎えてくれます。これがたまらんのです^^

お散歩から戻ると、待ちに待った「夜ご飯」です。
じゃれたり、ごろごろしたりして、まったり過ごし
寝る前にちょっとトイレに出て
「まぁ、今日もいい一日だったかな~」って感じで「就寝」
尻尾は挟んで寝る派です。
へんりー2

預かりさんから最近のヘンリーの様子が届きました。
ヘンリーは決してベッタリ甘えるタイプではないし
かといって人が嫌いなわけでもなく・・・
ただ経験がなく
甘え方がわからないだけかも知れませんが
ヒトとイヌの適切な距離をもって接してあげることで
安心するタイプかな~なんて最近思っています。
とにかく健康で、お散歩に行けることと、ご飯を
楽しみにまっている かわいい子(実はオジサン)ですよ



ヘンリーを保護してからはやいもので4年が経ちました。
預かりさんのお宅でまったり、のんびりと新しい家族をまっているヘンリーです。
そんなヘンリーの預かり日記はこちらでご覧いただけます。

最後にヘンリーのカッコ良い全身像をご覧ください。
10歳過ぎているとは思えないほど元気で男前のヘンリーです。
へんりー8
ヘンリーのことよろしくお願いいたします。



BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ



もう一度お願いします

2018 - 08/27 [Mon] - 09:30




8月も最終週に入り夏休みも終わりを迎えます。

暑い暑い季節もそろそろ、、と書きたいところですが相変わらずきびしい暑さが続いています。

ひところ感じられた秋の空気も再び盛り返した夏の力に押されてすっかりその気配もなりをひそめているようです。

人とは異なる体感を持っている犬たちにとっても今年の暑さはきついと思っているかもしれません。

それでも彼らと一緒に楽しい思い出を作られた方々も多いと思います。

よい時間を過ごされましたでしょうか?


さて、ここのところ迷子などによる施設への収容数が増えている気がします。
全体的な統計に基づいたお話ではないのですが、ことボーダーコリーの姿が目立っているように感じます。(単犬種レスキューとしてのお話である部分はご了承ください。)

夏というのはいろいろな部分で開放的になるとも言えます。
出かけたりという機会も多いと思います。

今、施設で飼い主さんのお迎えを待っている子たちはもしかするとそうした中で迷ってしまったのかもしれません。

繰り返し呼びかけられる熱中症への注意、それでもふとしたことからそうした危険に遭遇してしまうケースもあります。
しかし人はその注意の意識を持ち続けなければいけない状況であってもどうしてもそれに馴れてしまうということがあります。

時には気持ちを新たにし、あらためて意識におくことは大切だと考えます。

季節の切り替わり、なにかの折には、人と犬のよい環境のために忘れがちになりそうな部分をいまいちど思い起こしてみてほしいと思います。

事故などで悲しいことが起きませんように。

彼らが彼らの大好きな家族のもとに早く戻ることができますように。

見張りの好きなボーダーコリーをさらに見るという心の目をどうかお心がけください。

よろしくお願いします。












BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

413 リヒト ご家族募集

2018 - 08/24 [Fri] - 09:53

さてお盆も過ぎご先祖さまや他界した家族もお空に帰っていただき、
またあわただしく日常生活に戻ってきました。

お盆はいかがでしたか?

我が家では、私が会いたい会いたいと言うので、
チワワの長女が帰ってきていたみたいです。

家族ってずっと繋がっているんだなと思いました。



今回は、そんなご家族の縁をずっと待っているリヒト君のご紹介です。


リヒトの日記はこちらから

リヒト





2017-07-09 009



男前のリヒト君、なかなかご縁に巡り会えません。
でもそれはきっと素敵な素敵なご縁が待ってるから(*^_^*)

リヒトは、何かしらの過去があって他の犬が苦手です。
リヒトがどういう経緯でBCRNに来たかはわかりませんが、
私の友人が、犬と交信できるらしく(私は疑っている(笑))
彼曰く、リヒトは過去に他の犬にいじめられていたか、大事な家族か友人をほかの犬に襲われた
かしたんだろうと。
この話は、ホンマかどうだか疑わしいですが、
リヒトは賢い子です。その賢い子が嫌がるには何らかの理由があり
やたらめったらとわがままな理由で嫌がったりしない子です。

でも気難しいわけではありません。
彼の目線で、彼を恐れさすものを少し避けてもらうだけでいいのです。

リヒトに限らず、
こうやって保護されてくる子は、なにがしか心に傷を持っています。
そんな子たちの傍で、彼らの心を抱きしめてほしいなと私は思います。

5年前、大事な大事なボルゾイを亡くし、
毎日毎日泣いて暮らしていた私のもとにオリビアが舞い降りてきてくれました。
当時、彼女もただ遠い目をして、心を閉ざしていました。
私たちは必至で心を開いてくれればと世話をしていましたが
今思うと、寂しさで泣いていた私の心に寄り添ってくれていたのはオリビアのほうだったんだな。
その代り、体が悪くてめちゃめちゃ手をかけましたけどね(~_~;)
あの遠い目は、体がエライことになってたからだろうかとも思う。


リヒトも心根の優しい子です。
すっと心に寄り添ってくれる。

人に対しては穏やかでどちらかというと甘えん坊。
30分もすれば、めちゃくちゃ甘えてきます。赤ちゃんみたいですよ。
毛並も良くて、触っていてもサラサラ♡
ヘソ天もお得意。
どこを触っても怒らないし、恒例のチン触りも全然OK!(笑)


一度、リヒトに会ってみませんか?

もし気になったら、上記のリンクから日記へ飛んでください。
現在のリヒトの様子がたっぷり記載されています。
それでもわからないことはホームページより、お問い合わせください。




リヒト2018








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


« | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN