BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > しつけ・アドバイス  

お散歩時のトイレ事情あれこれ

2017 - 02/24 [Fri] - 09:00

こんにちは。

陽射しは暖かくなり、地域によっては
梅や河津桜も開花しているようですね。
快適なお散歩の時期までは
もう少し・・・といったところでしょうか。

さて今日は「お散歩時のトイレ事情」について
あれこれと書いてみたいと思います。

お食事中の方には予めお詫びしておきます。

【うちの子じゃないけど・・・】

先日我が家の犬と歩いていると
見知らぬ人にいきなり怒鳴られてしまいました。

どうやら我が家の犬に似た犬が
その方のおうちの目の前でトイレをして
後始末をせずに立ち去ったらしいのです。

「うちの子のではありません」
とは言ったものの
そこでどう話しても怒りは静まらない様子でした。

我が家は犬の多い地域。
しかも遠方から長距離散歩で立ち寄る方も多く
どのおうちの子がしたのか見当もつきません。

それでも、同じ犬飼いとして
お詫びをして帰ってきました。

やっぱり嫌な気持ちは残りますね・・・。

トイレの始末はきちんとしたいものです。

【アスファルト道路でのトイレ】

我が家の周辺は殆どが舗装されています。
「空き地」や「原っぱ」もありません。
室内でトイレを済ませられる子や
コマンドで排泄出来る子
お外でもトイレシーツや紙の上に排泄出来る子は
問題ないと思いますが
外派の子たちのトイレの始末は
皆さんあれこれ工夫されています。

お散歩するエリアの環境によって
いろいろ違うとは思うのですが
私が愛犬とお散歩するエリアで
良く見かける光景は

新聞紙や広告、トイレシート等を適当な大きさに切って
愛犬がトイレスタイルを始めたら
そっと地面の上に置いてキャッチする
・・・ちょっと面倒ではあるのですが
アスファルト舗装された道路ばかりの住宅街では
こうした配慮も必要になっています。
飼い主側の一工夫が快適なお散歩に繋がっているのですね。

アスファルト舗装された場所では
オシッ〇をした後の始末も大変です。
お水をかけても
道路自体が吸水しにくい舗装方法の場合
(道路に緩く傾斜が付けられ、流れていくように設計されています)
傾斜が緩かったり、何らかの事情で
水分が流れず、その場に溜まってしまう場所もあります。

また、舗装路面では
ニオイが残るのでしょうか
いろんな犬が「上書き」をするために
路面が黒っぽく変色している場所も多くあります。

お水をかけてもニオイは残ります。
ニオイが残れば
次にそこを通った犬が上書きする。
犬達の「人気のトイレスポット」のようになってしまい
悪循環になってしまいます。
気温が高い季節には
ハエも飛んできて
犬好きな方であっても
ちょっと気分の悪い光景になってしまいます。

勿論、
「ここではしないでね、もう少し先の草むらまでガマンね」
と愛犬に伝えたり、促したりすることが出来れば
それが一番なのですが
なかなか思うようにはいかないことも・・・。

「あっ!ここでしないで~!」
と焦っても時すでに遅し・・・・
といった事も・・・・。

トイレシーツを上から被せて吸水させたり
人や動物に無害の
消臭・除菌効果のスプレーをかける等
皆さんいろいろ工夫されているようです。

更に(お食事中の方ごめんなさい;;)
お散歩中のウン〇を取らずに放置して立ち去る方は
いらっしゃらないとは思いますが・・・

うちの犬が突如お散歩中に下痢をした時は
とても困りました・・・・。

アスファルト面は小さな凸凹があるので
拭いても綺麗にはなりません。
消臭剤入りの水を吹き付けても
広がっていくばかりで
まったく逆効果でした・・・。

そんな時、持っていて便利なのは
トイレシーツ数枚と
ジェット噴射が出来るスプレーボトルでした。

凸凹面に入り込んだウン〇を
消臭剤入りの水をジェット噴射して浮かせ
その後すぐに上からトイレシーツで吸水してみました。

何事も無かったかのように綺麗に・・とはなりませんが
2回ほど繰り返すとだいぶ綺麗になりました。

水をジェット噴射するためのボトルキャップやノズルは
ホームセンターやネットで購入できます。
お腹を壊しやすい子の場合は
持っていて邪魔にはならないかと思います。
新聞紙やコンビニの袋なども
いざという時に便利です。

【歩きながらの・・・・】


お散歩友達のAくん。
とってもお利口さんな中型犬です。
お〇ッコは室内トイレで済ませるものの

ウン〇はどうしてもお外で。

Aくんの飼い主さんは悩みがあるそうです。
それは
Aくんが「歩きながらウン〇をするから取るのが大変」
というのです。

一定の位置で済ませるのではなく
数歩ずつ移動しながらなので
ひとつひとつ拾っている間に
車が通ったり
自転車が通ったり・・・。

雨の日などは泣きたくなるとおっしゃってました。

A君の飼い主さんは
「ひとつめ、ふたつめを拾っているうちに私の背後でしていることがあって
拾い忘れそうになるのよ。
だから必ず最後に取り忘れがないか確認してるの」

愛犬のトイレスタイルを把握した上で
その始末をきちんとしているA君の飼い主さん。
当たり前の事と言えば当たり前ですが
こうした意識を常に持っていることは
とても大切な事ですね。

【地域のルール】

大抵の場合は排泄後は「埋める」のではなく
きちんとティッシュや袋で取って
家で捨てる事が一般的だとは思いますが

先日、別の地域から引っ越してきた方が
とても驚いていました。

「ウン〇は燃えるゴミで捨てて良いんですか?!」

然程距離の離れていない場所に住んでいた時は
「帰宅した後、ウン〇だけトイレに流す」
のが当然とされ、
「犬や猫のウン〇をゴミに出してはいけない」
というのがルールだったそうです。

それが新居の周囲のルールでは
「ウン〇は可燃ゴミです」
と言われ、とても驚いている様子でした。

愛犬のウン〇を持って帰るのは普通ですが
その後の始末の方法は
市区町村によって違うようです。
お引越しをされた場合などは
市区町村の窓口に問い合わせされてみては
いかがでしょうか?

今回挙げた話はあくまでも事例の一つです。
皆さんもそれぞれ一工夫されている事があるかと思います。

他にも便利なことや、グッズ、
おススメの方法などがありましたら
周囲のお友達と情報共有してみてください。

折角の楽しい愛犬とのお散歩。

マナーを守り
快適に歩けますように(*^^*)。






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

愛犬の問題行動

2017 - 02/08 [Wed] - 09:00

皆さんのおうちのワンコは問題行動はありませんか?


我が家は大有りです!!

後追い、飛びつき、拾い食い、無駄吠え、食糞・・・

などなど、数え上げたらキリがありません。

DSC01389.jpg


成犬になってからでもしつけはできるはずです。

しつけ教室などに通う事も考えたのですが

なかなか時間がとれず・・・



自宅で少しの時間でできることから始めようと思います。

お散歩の時やお部屋で遊んでいるときのアイコンタクトなど・・・

まずは自分で愛犬との信頼関係を築く事が大切ですね。

DSC00990.jpg




BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ














雪の日のワンコ🐕

2017 - 01/20 [Fri] - 08:00

寒さも本格的になってきましたね~。
外に出るのも億劫な季節!関東ではまだですが、雪の日もちらちら出てくる時期です。

今日は、雪の日のワンコへ気を付けてあげたいことについてです。

犬といえば、雪が降ると喜んで駆け回るイメージですよね。
実際、雪に向かって飛び込んでいったり、雪玉をキャッチしてそのまま食べてしまったり(!)することも(^◇^)

FB_IMG_1484697762835-454x256.jpg
わ~いわ~い、雪だ~♪

でも!

飼い主さんが注意してあげないと思わぬけがや事故につながることも(´;ω;`)
今日は雪の日のわんこについて、おおきく3つ、注意してあげたいポイントをお話いたします<(_ _)>

まず、雪の日はいつも散歩で歩いている慣れた道にしましょう。

ついつい雪が積もっている場所に行ってみたくなりますが、普段足を踏み入れていない場所のこと、雪の下に何が埋まっているかわかりません。
思わぬ穴や、段差がある可能性もありますので、危険です!

高齢犬や関節が弱い犬種は、つるつるした路面でバランスを崩し、関節を痛めてしまうことも考えられますので、ゆっくり気を付けて歩いてあげましょう。

次に肉球の様子に気を付けてあげましょう!

雪でふやけた肉球に、埋まった枝や破片でけがをすることも考えられます。
ワンコは夢中になって遊んでしまうので、お家に帰ってから飼い主さんが出血に気が付いてびっくりすることも!

肉球は汗腺が集中する大事な場所。

靴や靴下をはかせて予防してあげるのも効果的です。
ただし、雪だからと急に靴下をはかせようとしても、慣れないものはワンコも嫌がります。
普段から、時々履かせるなどして慣れさせておくといいですね(^^♪

最後に、ワンコにくっついてしまう雪玉について

もっこもこになって見ていてかわいいですが、これ、お家に帰ってからなかなか取れなくて苦労したこと、ありませんか??
お部屋の中でプルプルされて床がびしょびしょになったり・・・(泣)
飼い主さんも大変ですが、ワンコにとってもこれ、実は大変。

いつまでも冷たい雪玉が身体についていると、凍傷や皮膚炎になる危険性が(´;ω;`)

お家に帰ってから、お湯などかけたりしてきれいに取ってあげましょう💦
そのあとはよ~~く乾かしてあげることも忘れずに!!

乾かすといえば、見落としがちなのが、肉球の間です。
ここもよ~く乾かしてあげてくださいね♪

寒さ対策も兼ねて、スーツを着せてあげると、雪玉もつきにくくなるのでオススメです('ω')ノ

ワンコがいつもと違う風景に、テンションがMAXになってしまうのは、ちょっとうきうきしてしまう人間と同じ。
ちょっとだけいつもより気配りをしながら、愛犬と一緒に雪遊びを楽しんでくださいね!!



BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

シニア世代の「ペットのお世話」とは。

2017 - 01/18 [Wed] - 09:00

人は年を取ります。
飼主の高齢化により、ペットを飼育していくことにに悩みを抱えているのではないでしょうか。
シニア世代になっても、ペットと楽しく、安心して暮らしていきたい。

そんな方のためのヒントをご紹介するパンフレットがあります。

東京都が、ペットと暮らすシニア世代の方のためにパンフレットを作成したそうです。
20q2g200_01.gif

このパンフレットは、福祉保健局健康安全部環境保健衛生課(都庁第一本庁舎21階南側)もしくは東京都動物愛護相談センター
で入手できます。



BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


または、東京都のHPページからダウンロードができます。

ご興味がある方は、いかがでしょうか。


愛犬との楽しい冬の過ごし方

2017 - 01/11 [Wed] - 09:00

いよいよ寒さもピークです。

犬は人よりも低い位置で生活していることと、お腹の毛が少なめな為、下から来る寒さ暑さをより敏感に感じられます。
(個体差もありますから一概には言えませんが)

実際に寒さ等を知るためには、愛犬の生活している高さに温度計を取り付けたり、ベッドの近くに一緒にしゃがんでみたりして、すきま風や下からの冷えにさらされていないかチェックしてみましょう。 (夏季も同様)
犬は室温20℃前後、湿度40~60%位がいいと言われていますので、その数値をひとつの目安にしたりします。

DSC_0612.jpg

(我が家は冬でも「暑さよけ?」の為クールマットを敷いています)


実際に 愛犬が震えていたり、体を小さく縮めていたりする場合は寒がっているサイン。 ずっと寝ている、散歩に行きたがらない、水を飲む量が減っているときも寒がっていることが多い様です。

水を飲む量が減ってしまうと、泌尿器系の病気にかかりやすくなります。
寒くても運動を増やして喉を渇かせるなど、水分を摂取したくなるような生活環境にしましょう。
尿に血が混じっていないか、排尿に時間がかかっていないか等をいつもより注意深くチェックし、異変が見られるような時は獣医師に相談しましょう。

逆に、愛犬が暑がっているサインも見逃さないようにしてください。
暑い時は、舌を出してハァハァあえぐように口呼吸を行います。 運動直後でもないのにそのような行動をしているときは、暖房が効きすぎかもしれません。


冬はシャンプーをしたら風邪をひくんじゃないかと、シャンプーを控えてしまうことも多いかと思われます。
ですが、むしろ、皮膚の代謝を促すためにも、1ヶ月に1度程度はシャンプーをするといいでしょう。
ただし、洗ったあとは素早く乾燥すること。くれぐれも半乾きのまま自然乾燥…は絶対しないようにしましょう。

また、よりおすすめなのが、ブラッシングです。
犬の毛は冬になるとアンダーコートが密になり絡まりやすくなります。
毎日ちょっとずつでもいいのでブラッシングすると、血行がよくなり、毛の根元に空気の層ができて保温効果が期待できます。


冬は、散歩へ行きたがらない愛犬が多いかもしれません。
しかし、適度な運動は筋肉を作り、代謝をよくするため、冬こそ散歩をおすすめです。
日中の暖かい時間を見計らって、公園を走ったりして積極的に運動をしましょう。
ですが、高齢犬や関節疾患の場合は、寒さで関節が痛む場合もあるので、行き付けの獣医に相談し、無理なく散歩をしましょう。

DSC_0788.jpg


寒くて行きたがらない子や、寒さに弱い子には、ドッグウェアの着用も考えましょう。
ドッグウェアは、室内と屋外の寒暖差や雪等から愛犬を守もります。
健康な成犬の場合はあまり必要無いかもですが、寒いからと散歩を嫌がる子には、着させてみるといいかもしれません。
実際に着させる場合は、おしゃれだけでなく実用的な視点で選びましょう。
ウエアを着て、ハァハァと口で息をしているようなら暑がっている証拠です。 脱がせてあげるか、少し薄手のウェアに替えてあげましょう。 また、室内では必ず脱がせてあげましょう。着せたままだと、寒さに対する抵抗力が弱まって、より寒がりになる可能性もあります。

冬は愛犬も飼主さんも『お外よりおうち』・・・という傾向が。。。

無理無く、楽しく過ごせる様、工夫も必要かもしれません。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

« | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN