BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > おすすめ  

犬の民話シリーズ1

2017 - 11/24 [Fri] - 09:00

犬の付く日本の言葉というのを以前書きましたが、その時に昔話には犬は
いい扱いをされていると書きました。

犬は昔話や民話では弱い者を助ける存在として描かれている事が多いですね。

11月ももう終わりが近づきいよいよ12月になろうとして、だいぶ寒くなって
きました。
犬には快適な季節の到来?
一部寒がりな犬もいますが、なぜ犬は寒さに強いのでしょう?

そんな疑問に答える岡山県に伝わるマイナーな民話をご紹介します。

犬が寒がらなくなったお話し

むかしむかしの大むかし、火なし村という、火のない村がありました。

この火なし村の南には火を使っている村があって、そこでは火が消えないように一日中たき火をしていました。
そのたき火のまわりには見張りの男が何人もいて、もしよその村人が火を
取りにきたら捕まえて殺してしまうのです。

さて、火なし村には、とても親思いの娘がいました。
年を取った両親にあたたかい物を食べさせてやりたいと思い、娘は村人が
止めるのも聞かずに犬を連れて南の村に向かいました。

南の村では山の空き地でたき火をしていて、そのまわりには何人もの見張りの
男が立っています。
娘は岩の後ろに隠れて、しばらく様子を見ていました。

するとそのうちに、

「ああ、腹が減ったな。そろそろ飯にしよう」
と、見張りの男たちが近くの小屋に入っていきました。
(今だわ!)

娘は火のついた木の枝を数本つかんで、かけ出しました。
そしてようやく山の途中まできた時、後ろから男たちの声が聞こえてきました。

「誰かが火を盗んだぞ! 捕まえて殺してしまえ!」

娘は急ぎましたが、追っ手の声はどんどん近づいてきます。
(もうだめだわ。このままでは捕まってしまう)

その時、一緒に走っていた犬が娘の顔を見て、火のついた枝をくわえさせろと
口を開けました。
娘は火のついた枝を一本、犬の口にくわえさせました。

「お願い、これを父母のところへ届けてね」

でも犬は娘に早く逃げろと首をふり、そのまま追っ手の方へ走っていきました。
犬は娘を助けるために、自分がぎせいとなったのです。

「ありがとう」

娘はお礼を言うと、のこりの火のついた枝を持ったまま山道をかけおりて
いきました。

やがて見張りの男たちは、火のついた枝をくわえている犬を見つけました。

「何だ、火を盗んだのは犬か。しかし犬とはいえ、火を盗むものは殺す!」

男たちは、犬をなぐり殺してしまいました。
娘は走りに走って、やっと自分の村へたどり着きました。

「これが、火というものか」
「ありがたい、ありがたい。これからはわしらの村でも、火を使えるぞ」

この時から火なし村でも、火を使った生活が始まったのです。

さて次の日、娘が山道へもどってみると、そこには殺されて冷たくなっている
犬が転がっていました。

「ごめんね、ごめんね」

娘はその犬を抱きかかえて村へ戻ると、犬のお墓を作りました。

そして手を合わせながら、神さまにお祈りしました。

「この犬のおかげで、わたしたちの村でも火のある生活が始まりました。
どうか神さま、犬の冷たくなったからだを温めてください。
そして天国へお送りください」

するとその願いが神さまに通じたのか、その犬は無事に天国へむかえられた
上に、地上にいる全ての犬のからだがポカポカと温かくなり、
どんなに寒い日でも平気になったという事です。



1478c688e258294d5ba4fd5bad2892ce.jpg








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

黄色のリボンを見かけたら

2017 - 11/06 [Mon] - 10:00

イエローリボン」をご存知ですか?

こちらは「イエロードッグプロジェクト」 として始まったもので、過去に当ブログでもご紹介したことがあります。

みなさんは散歩やお出かけの際にリード、その他の場所に“黄色いリボンや印”を付けているワンを見掛けたことがありますか。

プロジェクト自体がスタートしてすでに数年が経ちましたからこちらを知っている、見たことがあるという方もだいぶ多くなったかもしれませんね。

ご存知の方も知らなかったという方も、、
あらためていま一度おさらいいたしましょう。

>イエローリボン、それはこんな意味です。

「他の犬と挨拶をする準備ができていない犬たちや、他の犬に近づいてほしくない犬たちがいることを認知してもらい、配慮してもらえるよう呼びかけるため、リードに黄色い小さなリボンを付けることで、他の犬に近づいてほしくないことを周囲の人たちに示し、それを目にした人は自分の犬をその犬に近づけないように配慮してあげるというものです。」


Japan.jpg


大好きな犬種だったり、かわいい!と思ったりすると、思わず近づきたくなったり、声を掛けたりしたくなってしまうかも知れません・・・

そんなとき、この”サイン”を見掛けたら、、


どうか、あなたのその優しい気持ちをそっとこちらにまわしてあげてください。


黄色いリボンから伝わる心、みなさまにもつながりますように。



(本ブログ トップページ左側上部に「イエロードッグプロジェクト」リンクバナーを設置しています。残念ながら当初のリンク先は閉鎖してしまっていて現在ではポスターのダウンロードサービスも終了しています。過去記事リンクに置き換えてありますがご興味のある方はご覧くださいませ。)

(この呼びかけの願うところは変わらないと思い改めてご紹介させていただきました。スマートに、そしてスムーズに。私たちの世界が犬たちとともに暮らしやすい社会でありますよう願っています。)









BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ



シニア世代

2017 - 09/22 [Fri] - 09:00

人は年をとります。
飼主の高齢化により、ペットを飼育していくことに
悩みや不安を抱えているのではないでしょうか。

シニア世代になっても、ペットと楽しく、安心して暮らしていきたい。

そんな方のためのヒントをご紹介するパンフレットがあります。

東京都が、ペットと暮らすシニア世代の方のためにパンフレットを作成したそうです。

20q2g200_01.gif

このパンフレットは、福祉保健局健康安全部環境保健衛生課(都庁第一本庁舎21階南側)もしくは東京都動物愛護相談センター
で入手できます。

または、東京都のHPページからダウンロードができます。

ご興味がある方は、いかがでしょうか。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

お勧めボーダーコリーの登場する映画

2017 - 09/08 [Fri] - 09:00

今回はちょっとマイナー?なボーダーコリーが登場する映画を紹介させていただきます!!
登場する犬はしゃべったりしませんが、ボーダー好きには満足いく作品だと思います。全編ボーダー大活躍です!!

『ロック&ロール
たった2匹の強盗撃退最強ミッション』
クリスマスホリデー、愛する我が家で迎え撃つ!!

613r6pzBBPL.jpg


内容紹介

二匹の凸凹カップル犬が強盗相手に大奮闘!
アイディア満載のトラップで、飼い主が留守中の我が家を守る痛快コメディー!
DSCF3722aab.jpg


★強盗撃退のために二匹の犬が驚きの作戦を決行!“犬版”ホームアローン!
飼い主の留守宅で、人間のいない自分たちだけの時間を謳歌するピラートとヨーコ。しかし、その家が二人組の強盗に狙われていることを知り事態は一変。
二匹は犬ならではのアイディア満載のトラップを次々と仕掛け、強盗たちを迎え撃つ!賢く機敏なピラートとおっとりしたヨーコ、二匹の凸凹カップル犬が強盗コンビを相手に大奮闘する傑作コメディ!
二匹の異常事態を察知し、必死に家に帰ろうとする飼い主の少女と二匹との絆にもホロリとさせられる。
DSCF3722aaa.jpg


★CGを必要としない多才ぶり!二匹の犬の絶妙な演技に注目!
犬たちによるスタントシーンはすべて細かくテイクを重ね編集によって繋ぎ合わせる予定だったが、二匹のあまりの多才ぶりに急遽ワンテイクによるロングショットが多数敢行された。
二匹のリアクションや動きを自然に引き出すため、CGを使用せず何時間も粘って撮影した結果、キュートでパワー全快の二匹の生き生きとした魅力溢れるまったく新しい犬映画が完成!
また、犬たちの視点から写すローアングルのカメラや、POVを多用することで、犬ならではの世界を体感!
DSCF3722aaaa.jpg


★痛快!二匹が仕掛けた罠に次々とハマるまぬけな強盗コンビに大爆笑!
犬撃退スプレーや犬除け超音波、睡眠薬など、用意周到な強盗たちの一枚上手をいく二匹。
家中に張り巡らされたトラップにまんまとハマっていく強盗コンビは、階段から転げ落ち、二階の窓からぶっ飛び、体が燃えるわ、感電するわの大災難。
あまりのまぬけっぷりに大爆笑させられ、どこか憎めない二人のコンビ愛にも注目!?
DSCF3722aaaaa.jpg


【ストーリー】
クリスマスホリデー、愛する我が家で迎え撃つ!!
DSCF3722aaab.jpg

クリスマス休暇で飼い主が留守中、ペットホテルに預けられることになったボーダーコリーの“ピラート”とキャバリア・キングチャールズ・スパニエルの“ヨーコ”。
飼い主から裏切られたと思いホテルを抜け出し家に戻った二匹は、好きなだけ食べ散らかし、遊び、暴れ、人間のベッドで眠りとやりたい放題に過ごす。
しかし、ペッテホテルに預けられたペット達の留守宅を狙う二人組の強盗がやってきたことで事態は一変。
ピラートとヨーコに驚いた強盗たちは一度は引き下がるものの、二匹を撃退するため周到な準備をして再び舞い戻ってくることに。
そこで二匹は家を守るため、知恵と力を合わせてあらゆる作戦で強盗たちに立ち向かっていく!
DSCF3722ab.jpg
DSCF3722aaaab.jpg


発売元:ミッドシップ
販売元:アメイジングD.C.

原題:Елки лохматые(英題:PAWS, BONES AND ROCK-N-ROLL: JUST LIKE A MAN)  製作:2015年/ロシア
(C) 2015 Bazelevs, All Rights Reserved.








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ボーダーを飼うならこんな本 パート2

2017 - 07/24 [Mon] - 09:00

すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

私が大好きな漫画本を紹介します。

『犬ぐらし』 『今月のわんこ生活』
 作者  遠藤淑子
犬くらし  わんこ生活

どちらもペットショップで売れ残っていたボーダーコリー「ななっち」とちょっぴり頼りない飼い主さん(作者)の毎日を描いたお話です。
我が家がボーダーコリーを飼い始めて3年位たってから初めて手にしました。

読み始めた途端 爆笑の連続。
飼い主ベッタリでは無くちょっぴりツンデレな所などまさしく我が家のボーダーコリーにそっくりでした。
一人で 「そうそう、そうなのよね〜」 とうなづいたりとボーダーらしい「あるある」が満載です。     
          
            プレイバウ

ななっちとのお別れのお話は不覚にもちょっぴり涙が・・・
お空でお友達に「あんたっちのお供えしょぼいね」と言われないようにと、大好きな物をたくさんお供えしたりなど
ユーモアの中にも大きな悲しみが胸に伝わってきました。

ボーダーの飼い主さんだけでなく色々な犬種の飼い主さんにも是非手に取ってほしいなと思います。
特に犬育てに悩んでいる方、「我が家の犬だけでないんだぁ〜」とエールをもらえますよ。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

« | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN