BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > おすすめ > 擬犬法?  

擬犬法?

2013 - 09/13 [Fri] - 09:55



はて、なんのことやら・・・

と、思われた方、すみません。

とある本のご紹介です。


もちろん(笑)、ボーダーコリーつながりで!


とは言いましてもちょっと毛色の変わった一冊です。

いわゆる"ビジネス書"に分類されるジャンルに属するものなのです。


タイトルは

「羊を追い回すな!」

ご存知の方、いらっしゃいますか?

ボーダーコリーものといってもなかなかお目にかからないかも知れませんね。



本



物語となっているお話はこんな風に始まります。

ーーーーーーーーーー

営業マンのデレクはうまくいかない今の仕事に悩んでいました。

身も心も失意に包まれながら歩き続けた彼は、いつの間にか住宅街を通り過ぎいつしか知らない場所へたどり着いてしまったことに気がつきます。

見上げた先には一軒の奇怪な外観の家が、、

何に気持ちを押されたのか、あるいはいつもの習性に身をゆだねただけだったのか、彼はそのお宅のチャイムへと手を伸ばすのです。


出迎えてくれたのはこれまたあやしげな老婆、彼女に勧められるままに中へと足を踏み入れたデレクはいつものように持っていた商品サンプルを元にセールストークをはじめます。

マニュアル通りのおきまりの会話、それで簡単に話が上手く進むはずはありません。

気まずい雰囲気、自然と口から出てくるのは今までのことに対する愚痴や不満。。


そんなデレクに老女は杖を取り出しそのひと振りをきらめかせます。

すると、、

なんとデレクの姿はみるみるうちに様子を変え、毛むくじゃらで四つ足の獣の身体になっていったのでした。

そう、彼は魔法で犬へと変えられてしまったのです。

牧羊犬として有名なあのボーダーコリーへと!


魔女は言います。

「お前は犬として成功を学ばなければならない。それを成し遂げたとき再び人間に戻ることができるだろう!」


こうしてデレクの牧羊犬としての暮らしが始まるのです。








著者は牧羊犬の働く姿を見て、そこにお客様に働きかけ、信頼関係を築きあげ、ビジネスとして成立させていく形を見出したそうです。

顧客を"羊"の群れとみなし、彼らの望んでいるものを見出し、共に問題点を把握し様々な障害を避け問題を一緒に解決しながら、彼らを満足と共に誘導し、そして自らも正当な報酬を受け取る。


ボーダーコリー というキーワードから手にとってみた本でしたが、堅苦しい本ではありませんでした。

むしろビジネス関係の啓蒙書より気楽に読むことができます。


ストーリーの中でデレクに牧羊犬の心がけを諭してくれる先輩との会話がそうしたヒントともいえる部分に置き換えられています。

image_20130908200952994.jpg
(レビューにもありましたが、可愛いイラストですね!)

物語の最後を語ることはしませんが、映画「ベイブ」にも似たところのある展開があったりとお話としても楽しむことができました。



人が犬を見てそこに何かを見つけ、それを知恵として伝えるために犬を人のように描いていく。

これは擬人化というひとつの手法です。


言葉でのコミュニケーションができない代わりに、相手を観ることでその意味を考え学ぶべきところを見出す。

もしかすると人は犬というものになぞらえることで、物事を別の角度から見たり、或いは抽象化したりと、そこに自分の考えを投影しながら整理をしているのかもしれませんね。


タイトルの意味、そんな風に思うこともできるのかなと感じたのでした。


(少し前の本ですので新刊での入手はむつかしいかもしれません。筆者は中古で手にいれました。)

たまにはこんな本のご紹介など。

m(_ _)m



ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ



BCRNはボーダーコリーの幸せのための
非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。



BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
                    
                  



ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ


ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

新しい家族を待つ保護犬のため「ワンぽち!」お願いいたします!

   

















トラックバック

http://staffbcrn.blog38.fc2.com/tb.php/947-d46df643

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN