BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > しつけ・アドバイス > 愛犬の健康管理☆  

愛犬の健康管理☆

2010 - 12/15 [Wed] - 10:00

今日は、愛犬の健康管理について書いて見たいと思います。。。

CAOB7TVK.jpg

この時期、暖かい地方は別として、フィラリアの予防薬の投与などは終わりますよね。

当然?何か起きない限り、わざわざ獣医さんへ行く飼い主さんも減るはず・・・。

ですが、この時期になると増える?病気があるそうです。

それは・・・「泌尿器系」の病気。

人間でも、暑い時期はお水をたくさん飲んでいますが、冬になると量が減りませんか?

ワンコも同じ子が多いようで・・・


するとどうなるか?  

尿の成分が濃くなってしまい膀胱が刺激され膀胱炎などの症状になりやすくなります。


そうならない為の予防策として・・・

お水の飲む量に注意して、飲水量を増やすために、常に新鮮なお水にしてあげたいところです。

また、排尿する回数も減る子が多いので 尿の回数や量、色に注意してあげて下さい。



200901141513000.jpg

我が家のワン♀も「尿路感染」にかかりやすい?タイプなのです
おしっこスタイルが「ぺったん座り」なので・・・地面にある雑菌などが付着しやすいとか。(特にヒート時などは要注意)ですが、これからの時期、雪の上ですると色も解かり易いので便利です?!



愛犬は喋れません。

具合が悪いとか、お腹が痛いとか、熱がある・・・なんて言えません

ですから、飼い主である私達が、日常の観察を怠らず、お世話してあげる事が大切だと思うのです。。。

万が一、大病になってから気が付いた・・・などという事態にはならないように・・・

日頃の健康管理と、出来れば、健康診断も大切だと思います。。。

うちのかかりつけの獣医さんは、『何も無い(元気な状態)時に来て下さい』と。

元気な時の状態(血液、検便、検尿など)を把握していることによって、具合が悪い時の程度も解りやすいと。

それを聞いて、なるほどなぁ~・・・と、思いました。

・・・ですので、我が家は「冬のボーナス」貰ったら健康診断です(笑


ワンコも『大切な家族の一員』です。

いつまでも元気で側に居て欲しいから・・・

飼い主の私達が「健康管理」をしてあげなくては!と、思うのです・・・。



ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ


ランキングに参加しています!
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

新しい家族を待つ保護犬達に「ワンぽち!」お願いいたします!



ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
                    
                  

トラックバック

http://staffbcrn.blog38.fc2.com/tb.php/492-c4a73429

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN