FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > 2019年11月  

緊急!ボーダーコリーが迷子になっています(山梨県)

2019 - 11/30 [Sat] - 17:15

バディ(山梨)
img.jpg

Buddy_2.jpg




日時:2019年11月23日午前8時頃

場所:山梨県大月市初狩町中初狩の山(大月インターより10分くらいの辺り)で散歩中に大きな音に驚き、そのままいなくなりました。

性別:♀(避妊済)

年齢:6歳

毛色:黒&白 短毛

特徴:短毛(スムース系)のボーダーコリー 14キロの中型サイズ 首輪とリードがついたままですが外れている可能性があります。

性格:人懐っこく元気な子です。攻撃性はありません。もし見かけましたらご連絡ください。

近隣地域はもちろん、大月市の初狩町、笹子町を探していましたが、
現在は範囲を広げて、大月市、都留市、西桂町、甲州市に広げて捜索しています。



連絡先:森
(平日)090-5990-3909
(土日)090-7704-4694



一日も早く飼い主さんの元に戻れますように。
ご協力お願いいたします。

マイクロチップの重要性

2019 - 11/29 [Fri] - 09:00

マイクロチップを装着していますか?
突然の迷子、災害、盗難、事故……ペットは住所も名前もいえません。
そんなとき、マイクロチップは確実な身元証明になります。

動物愛護管理法では、犬やねこなどの動物の所有者は、
自分の所有であることを明らかにするために、
マイクロチップの装着等を行うべき旨が定められています。

マイクロチップ

マイクロチップは、直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形の電子標識器具で、
内部はIC、コンデンサ、電極コイルからなり、外側は生体適合ガラスで覆
われています。 一度体内に埋込むと、脱落したり、消失することはほとんどなく、
データが書きかえられることもないため確実な証明になります。

ANONN4_20130117190519.jpg

迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれになって
も、マイクロチップの番号をリーダーで読み取り、データベースに登録された情
報と照合することで、飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。 

マイクロチップは、動物病院で装着できます。
また、装着する際、装着費用を助成する自治体もあります。
詳しくは、お住まいの自治体にお問い合わせください。

愛犬とお出かけすると、思わぬアクシデントが起こり、愛犬が迷子になる可能性もあります。
「転ばぬ先の杖」と申します。
愛犬への迷子札の装着は必須ですが、1度、マイクロチップの装着について検討してみませんか?




BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

家族募集中(424)シャムロック(関西)

2019 - 11/27 [Wed] - 09:00

今日は新しい家族を待っているシャムロックのご紹介です。
シャムロック1


(424)シャムロック関西

2017/4/13 BCRNで保護しました。

性別:♂(去勢済)

年齢:推定8歳(2019.8月現在)

体重:20.0kg(適正)

健康状態:おおむね良好。 狂犬病ワクチン接種済、フィラリア(-)

性格:甘えん坊でべったりくっつくのが大好きで女性が好きで馴れてくると
大きな体でヘソ天してさわって欲しいと甘えます。
70_2.jpg


掃除機の音には特に反応しますが、音に敏感な面あり。
小さいお子さんのいない家庭、咬んでしまうことがあるので
家族全員しっかりリーダーシップ取れる方、室内飼育を希望します。
シャムロック4

単身者からのエントリーも積極的にお受けします。(2018年10月2日の日記参照)

新しい飼い主さんに巡り合えるようイベントにも積極的に参加しているシャムロック

次回は

関西】 鶴見緑地公園合同ふれあい譲渡会
日時:12月1日(日曜)
時間:12時~16時
場所:鶴見緑地パートナードッグタウン

に参加します。是非シャムロックに会いにきてくださいね。
詳しいことはBCRNイベントブログをごらんください。

http://bcrnevent.blog.fc2.com/

そしてシャムロックの預かり日記はこちらです。
bcrn.yuetan.net/blog_old/sr4_diary/220bcrn424/

僕に会いに来てね。  待ってるワン ‼
シャムロック3



BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ご支援へとお礼申し上げます

2019 - 11/25 [Mon] - 10:00



いつも BCRN 保護犬たちへのご支援をありがとうございます。

みなさまのお気持ちによって保護犬たちの笑顔もうまれてまいります。

ご報告とお礼です。




No.429 ウェンディ No.443 チーボー 大阪 KA 様 より頂戴致しました。



支援83





ドッグフード3キロ




ありがとうございました。





No.424 シャムロック No.462 ジュジュ 静岡県 TS 様 より頂戴致しました。



支援84





マイフリガード、おやつ、パウチ




ご寄付ありがとうございます。
山あいに暮らしておりますので、ノミダニ予防薬は必須です。とても助かります。
おやつもとても喜びます。





保護犬たち保護犬たち 一般の方 より頂戴致しました。



支援85





フード




ご支援ありがとうございました。





No.424 シャムロック 熊本県 EI 様 より頂戴致しました。



支援86






フード




フリマグッズもご購入いただき、フードもいただきました。ありがとうございます。助かります。






数多くのご支援をいただいております。頂戴した品々ともども、あつく感謝申し上げます。

ありがとうございました。









BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

戦場の犬1 対戦車犬

2019 - 11/22 [Fri] - 10:04

犬の背中に爆薬と起爆スイッチとなる木製レバーを設置し、レバーを垂直に
立てた状態で戦車へ走らせる。

20160302165328.jpg

犬が戦車の下に潜り込んだところで起爆レバーが倒れ、敵戦車を破壊する
計画であった。
735626l.jpg
20161127172336.jpg

戦車や装甲車輛の下に犬の餌を置き、空腹の犬が餌を目当てに戦車の下に
潜り込むように教え込むというものである。

実戦では空腹の犬を敵戦車の前に放つだけで自発的に爆弾を運ぶことが
期待されたが、精度は高いとは言い難く、たとえ訓練を積んだ犬といえども、
敵戦車が走行する際に発する激しい騒音に怯え、逃げ去ったり
自陣に駆け戻り自爆するなど、扱いの難しい兵器であった。

また当初、訓練に自軍の戦車を用いたため、それに対する条件反射が
成立してしまい、ドイツの戦車は無視して、訓練通りソ連の戦車に向かって
突っ込んでしまうという大きな失敗もあった。

その後訓練法が改善され、ソ連戦車は主にディーゼルエンジン、ドイツ戦車は
ガソリンエンジンだったため、ガソリンの臭いに対しての条件反射を
すりこんだ。

ソ連側の記録によればおよそ300輌の敵戦車を撃破したとされる。

小型で高速な犬が戦車砲や機関銃の最低俯角よりも下を移動することから、
視認できても攻撃を防ぐことが難しく脅威であった。

対抗策として、戦車に火炎放射器を搭載し、対戦車犬を焼き払うことが
試みられた。

犬に出くわしてドイツ軍側がこれを銃撃したため、奇襲が失敗した
ケースもある。

火炎放射器の攻撃に曝された対戦車犬のうち、何頭かの対戦車犬は訓練通り
敵戦車の爆破を果たしているが、大多数の対戦車犬は火炎攻撃に恐れ
おののき、戦線を離脱したり、あるいは自陣に舞い戻り自爆するなど被害を
拡大していった。

特に1942年に起こった戦闘ではドイツ軍の火炎攻撃に対戦車犬達は
パニックに陥り、逃げ帰って自軍部隊に甚大な被害を与え、遂には部隊の
撤退を余儀なくされるに至った。

この一件から程無くして、対戦車犬は実戦の場から姿を消している。


1943年にアメリカ軍では、敵の陣地を破壊するために、犬を訓練して爆薬を
運ばせる試みが行われた。

しかしソ連赤軍と同様に所期の効果は得られず、計画は同年12月に
中断された。


イラク戦争の大規模戦闘終結後、2007年頃に反政府武装勢力が爆弾犬を
使用している。

犬に背負わせた爆薬を無線で遠隔起爆するというものだが、生物を食用以外の
目的で殺す行為がイスラムの戒律に反するとして、市民からは批判された。


日本でも軍用犬は第一次世界大戦より用いられています。

近代以降において、大日本帝国陸軍では日清戦争、日露戦争にて警備犬としての
犬の運用が少数みられますが、組織としての軍犬の本格的な運用は、
第一次世界大戦以降、日本国内にジャーマンシェパードの移入が行われて
以降である。

民間からの供給経路を経て育成された陸軍の軍用犬は満州事変以降、伝令犬や
警備犬として中国戦線で顕著な活躍を見せ、人間の兵士同様に犬の出征壮行が
行われる例も見られるようになる。

23de4e39e7e91102192340e5662200a2a.jpg

満州国の成立以降は関東軍も軍犬育成所を満州国領内に設立して最盛期には
3500頭以上の軍用犬を飼育、同時期に大日本帝国海軍も警備犬として軍用犬の
導入を開始した。

私の父は満州鉄道兵で、ここで軍用犬部隊の兵士からいろいろと犬の事を
教わったと言っていました。

しかし、太平洋戦争以降は連合軍側の軍用犬戦術が向上した事もあり、
次第に日本側の軍用犬の活躍は見られなくなっていった。

沖縄戦でも日本兵と共に多くの軍用犬が戦い、その殆どがパートナーの兵士
(指導手)共々戦死している。

日本の軍用犬は優秀であったが近代兵器の攻撃には余りにも無力であり、
皮肉にもこの事実がアメリカ軍を始めとする近代的な軍隊から攻撃犬としての
軍用犬の運用を排除する契機にもなった。

ちなみに、日本でも攻撃犬の研究は行われたが、実戦投入はほとんど無かった
ようである。

日本は犬に任せるより確実な人間が爆弾を抱えて特攻する作戦を採用した。

現在も航空自衛隊や海上自衛隊では警備犬や歩哨犬などで利用している。

日頃から、我々の目に見えないところで犬たちに世話になっている。

犬に守られているのです。

「犬が戦争に行くような世の中にしない責任は、今を生きる僕たちにある」

この言葉を借りて、更に私はこう言いたい。

「犬が殺処分されるような世の中を変える責任は、今を生きる私たちにある」
と。

DSC_4033a.jpg

ミリタリーマニアの犬


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E7%8A%AC

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E7%8A%AC#%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%BB%8D%E7%8A%AC






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

「いのちの教育」セミナー

2019 - 11/18 [Mon] - 09:09

秋深し。少しずつ寒くなっていますが、今年は暖かいですね。
散歩にはとてもいい気候です。

さて、先日、奈良県宇陀の山里にある
うだアニマルパークで開催された「いのちの教育」研修会に参加しました。

うだ1

大きな施設で、収容された動物をケアして、譲渡までしているようです。


うだ3


譲渡前の猫ちゃん、不思議な柄してました。
ボーダー好きは、やっぱり白黒が気になる。






こちらでは、子供向けに
「いのち」というものについて、小学の1年生から勉強します。
いのちの大切さをおしえていきます。
子供たちのために張り子の動物を作成し、それを使用してわかりやすく説明していきます。
張り子は、パークのシンボルキャラクターにもなってますね。



うだ4


今回は、このシステムについての研修会に参加、勉強してきました。


うだ2


全国から、この教育を取り入れたいという方があつまり、
見学や座学、意見交換会などがあり
実りある研修会でした。

このような教育は大事ですね。

いのちを大事にする。
ペットは最期まで面倒をみる。
人間は動物からいろんなものをもらっている。
動物を守るために環境を良くする。

そして、日本から殺処分をなくしたいものですね。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ご支援のお願い

2019 - 11/15 [Fri] - 09:00




保護犬のレスキューが続いています。

ボーダーコリー という犬の持つ魅力は知られながらも、その裏返しとも言える部分に対して人がうまく付き合えないところが出てしまうのでしょうか。

理由は様々でしょうが、彼らとのかけがえのない関係性を築けないケースからのSOSを受け、レスキューの対象となることは絶えません。

彼らを新しいご家族へと結び繋げてゆくことは私たちの願いであり喜びです。

ですが悲しい現実に立ち向かう為にも皆様のお力添えなしでは成り立ちません。

自らの力のなさは自覚しているつもりですし、それに対してもよりよくするすべを常に考え行う気持ちをもって臨んでいます。

お願いばかりの心苦しさは承知しています。


BCRNでは皆さんからの早急なご支援をお願いしております。
このままレスキューが続くと、医療費などがかさみ遺憾ではありますがレスキューストップを考えなくてはなりません、

皆様のお力を頂戴したくお願い申し上げます。

フードや、ペットシーツ等、Amazonを利用したご支援の方法もございます。

どうか皆様の温かいお力添えを なにとぞよろしくお願いします。 


ご支援について、詳細はこちらまで。


また、サポーターとしてのご参加も募集しております。


よろしくお願いいたします。












BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。

シャロン5



BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

家族募集中(447)ハーヴィー(九州)

2019 - 11/13 [Wed] - 09:00

今日は新しい家族を待っているハーヴィーのご紹介です。
ハービー


(447)ハーヴィー九州
2018/11/5 BCRNで保護しました。

性別:♂(去勢済) 

年齢:推定10歳(2018.12月現在)

毛色:ブラック&ホワイト

体重:16kg

健康状態:フィラリア(-) ワクチン接種済み

性格: 今は人の動きにびくびくしていますが、近寄るとフレンドリーです。
引きが強く、リーダーウォークに慣れていませんが、散歩大好き。
ハービー4

食欲旺盛で早食いですが、おなかが緩くなかなか太りません。
長い目でしつけていけば、もっと従順なパートナーとなりそうです。

シャンプーしてもらって男前アップ~
ハービー5

「♬ いい湯だなぁ~アハン♬」 お風呂も大好き^0^
ハービー6

ハーヴィの好きな物ベスト3
① 食べること!
  何よりも、ごはん! 朝、おしっこするのも惜しいくらいに、おなかを満たすことが先。食べ始めてから、お皿を空っぽにするまでの時間、十数秒。
  良いことは、食べず嫌いがないこと。ちゃんと待てができること。今のところ、散歩中に拾い食いをしないこと。食糞はするけど。


② 散歩!
  リードを持つなり、ぐいぐい!引っ張ります。そして、ぐるんぐるん回って、散歩の喜びを体中で表現します。散歩の何が好きって、ニオイの収集とマーキング。もう去勢したので、以前よりは勢いは減ったけれど。
  良いことは、帰り道は大人しくできること。走ることも好きなこと。


③ ・・・・なんだろう?

  ほんとなら、ここで、人が好きとか書きたいところですが、可愛がってもらった記憶はあるのかなぁ?遊んでもらったことはあるのかなぁ?

ハーヴィーの預かり日記は
http://bcrn.yuetan.net/blog/sr4_diary/3bcrn447/
ハーヴィーの観察日記も掲載してくれています。
是非ご覧くださいね。 応援よろしくお願いします。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

応援 お願いします。

2019 - 11/11 [Mon] - 10:00

新しいご家族を待っている保護犬たち、BCRN レスキュー犬情報 からご覧いただけます。

ご興味を感じ ご縁を考え、こちらを訪れていただく方々がいらっしゃることにあらためて感謝いたします。


さて名前の前の保護犬No.とはなんでしょう。

BCRN がこれまで保護してきたボーダーコリー達に通しの番号として振られてきたものです。

当然 数字が若いということはレスキューされた時期が現在より前、保護されている期間がより長く経っていることを意味します。


当ブログでもご家族を募集する記事として取り上げてきていますが、ご縁が結びつくのは必ずしもその順番通りとはかぎりません。


もともとボーダーコリーは万人向けの犬種であるとは言いがたい特質を持っていると思います。

例えばその気質が際立っているため、どうしてもその飼育条件のハードルがあがってしまう犬たちがいます。

そして例えば年齢だったり、持っている疾病のこともまずはご覧いただく方々のお気持ちに影響を与えるかもしれません。


彼らは時にそれゆえにともに歩む家族を得ることがかないませんでした。

しかし犬たちは今もまっすぐな気持ちで私たちに向き合ってくれます。

巡り会う分母数が小さくとも、彼らのそして彼らと出会う人がいつかしあわせになってゆければそれは素敵なことだと思います。

人と人でさえ 合う ということは難しいことでしょう。

まっすぐな犬たちはその結びつきを信じ今日も預かりさんの元で頑張っています。

どうかこうしたレスキュー犬たちがいることをご記憶にとどめおきください。


そして彼らの幸せのために。

お気持ちとお力添えを心よりお願い申し上げます。


(※詳しくは保護日記をご覧ください。)

○飼い方の合う方との赤い糸を待っている (269)リーオ

○同じく (309)ウィル

○ご縁を待ちトレーニングを頑張っている (329)ヘンリー

○尿崩症のため大量なペットシーツを必要とする(429) ウェンディ

 etc

同じような状況でありながら新しいご家族と見違えるような笑顔で暮らしている犬たちが数多くいることを私たちは知っています。


犬、人、共にあってこそその幸せがあるのではないでしょうか。

一頭でも多くのボーダーコリーがしあわせになるよう


よろしくお願いいたします。



保護犬の詳しい様子は名前からのリンク先、保護日記をお読み下さい。(彼らの笑顔も見ていただけます。)

ご支援をいただく際はこちらまでお願い申し上げます。
sien@newbcrn.jp
その他ご支援のご案内はこちらまでご参照ください。











BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

送り犬と送り狼

2019 - 11/08 [Fri] - 09:00

送り犬(おくりいぬ)は、日本の妖怪の一種です。

東北地方から九州まで日本各地で送り犬の話は存在します。
地域によっては犬ではなく狼であったり、その行動に若干の違いがあります。

夜中に山道を歩くと後ろからぴたりとついてくる犬が送り犬です。

万が一何かの拍子で転んでしまうと、たちまち食い殺されてしまうが、
転んでも「どっこいしょ」と座ったように見せかけたり、少し休憩を
とる振りをすれば襲いかかってこないそうです。

土地によって、無事に山道を抜けた後の話がある地域もあります。

もし無事に山道を抜けることが出来たら「さよなら」や「お見送りありがとう」
と一言声をかけてやると犬は後を追ってくることがなくなるという話や、
家に帰ったらまず足を洗い帰路の無事を感謝して何か一品送り犬に
捧げてやると送り犬は帰っていくという話があります。

長野県の塩田(現・上田市)に住む女が、出産のために夫の元を離れて
実家に戻る途中、山道で産気づき、その場で子供を産み落とした。

夜になって何匹もの送り犬が集まり、女は恐れつつ「食うなら食ってくれ」と
言ったが、送り犬は襲いかかるどころか山中の狼から母子を守ってくれた。

やがて送り犬の1匹が、夫を引っぱって来た。
夫は妻と子に再会し、送り犬に赤飯を振舞ったという。

関東地方から近畿地方にかけての地域と高知県には
送り狼(おくりおおかみ)が伝わる。

送り犬同様、夜の山道や峠道を行く人の後をついてくるとして恐れられる
妖怪であり、転んだ人を食い殺すなどといわれるが、正しく対処すると逆に
周囲からその人を守ってくれるとも言います。

送り狼は夜道を行く人の頭上を何度も跳び越すもので、やはり恐れずに
歯向かわなければ害はないが、恐れて転倒した人間には喰らいつくそうです。

火縄の匂いがすると逃げて行くので、山野を行く者は常に火縄を
携行すると良いそうです。

他にも、声をかけたり、落ち着いて煙草をふかしたりすると襲われずに家まで
送り届けてくれ、お礼に好物の食べ物や草履の片方などをあげると、
満足して帰って行くそうです。

ニホンオオカミは人間を監視するためついて来る習性があったとされます。

送り狼は実際にはニホンオオカミそのものを指しており、怪異を起こしたり人を
守ったりといった妖怪としての伝承は、ニホンオオカミの行動や習性を
妖怪と思ったのではないかという説もあります。。

好意を装い女を送るふりをして二心を抱く男のことを「送り狼」と呼ぶのは、
この送り狼の妖怪伝承が由来だそうです。

野犬とは野良犬の事で、人に飼われていない犬を指します。

山犬とは基本的に狼を指す言葉で、完全に野生化して人を襲うような犬も
山犬と呼ばれます。

犬と狼の差ってニホンオオカミがいた時代には、あまり無かったように
思えます。

なんて愛犬を見ながら思いにふける晩秋でした。

KYPH3808a.jpg

オオカミみたいとよく言われる犬


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%81%E3%82%8A%E7%8A%AC




BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

卒業犬便り ~もなか~

2019 - 11/06 [Wed] - 09:45

卒業犬のもなかのご家族様から嬉しいお便りが届きました。



【No.453】モナカ

【保護開始日】 2019/03/25

もなか2






◆以前は犬を飼っていましたか?
   犬を飼っていました

◆ボーダーコリーという犬種ははじめてですか?
   前の犬もボーダーコリーです

モナカを選んだ理由
   もなかさんの写真を見てビビッときました

モナカを迎え入れて苦労していること
   最近、わざとおしっこをシートからはずしてアピールします

モナカを迎え入れて良かったこと、うれしかったこと
   いなくなった家族がもどってきたようで、いろんな意味で活気があります!

モナカを迎え入れる前と後ではどのように変化したか?
   もなかさん中心の生活となりました

モナカとどのような楽しみ方をしていますか?
   もなかさんは初めてのことが多いようで、日々かわって(態度がおおきくなって)行くのを見守っています。

◆これから保護犬の新しい家族になってみようか迷っている方々へ一言
   保護犬だからどうということは何もありません。かわいい

◆もなかを迎え入れて ご家族のコメントを頂戴いただけますか?
   おとなしかったのは最初だけ。
  ごはん前は運動会だし、よくしゃべる!ツンデレなお嬢様です。





もなか1


もなか、幸せをつかんで良かったね(*^_^*)



卒業犬のお便りお待ちしております。




BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

混合ワクチンについて・・・

2019 - 11/01 [Fri] - 09:00

混合ワクチンについて今一度考えてみたいと思います。

混合ワクチンてどんな病気を防いでいるのでしょう???

混合ワクチンには2種から11種までありますが、
今回は2種から6種を取り上げてみたいと思います。


■2種混合ワクチン・・・犬ジステンバーと犬パルボウィルス感染症のワクチン


●犬ジステンバー

 感染後3-5日で急性の40度前後の軽い発熱症状が現れます。ウイルスの
 全身拡散に伴い、結膜炎、鼻水、激しい咳、血便を伴う下痢が続きます。

 末期ではウイルスが神経系に達し痙攣や麻痺など神経症状を示し死亡します。
 致死率は90%と非常に高い感染症です。
 一度発症してしまうと治療薬は一切ありません。

 体力の無い子犬や老犬がかかりやすいのですが、ワクチン接種で100%防げる
 感染症です。

 人には感染しないと言われていますが、はしかに近いウィルスのためはしかに
 かかったことの無い人は移る可能性があるとも言われています。

 ニホンオオカミの絶滅の原因とも言われているとても恐ろしい感染症です。

183f0245.jpg

祖母・傾山系にて2000年7月8日18時頃撮影の「ニホンオオカミに極めて類似するイヌ科の動物」


●犬パルボウィルス

 2~12日間の潜伏期間の後に発症します。食欲不振、元気消沈、嘔吐、
 などの症状が現れ始めます。

 血流によって全身に行き渡ったウイルスは、心筋細胞が破壊されれば心筋炎を
 起こし心不全により突然死してしまいます。 
 
 腸炎型では正常な腸粘膜形成ができず、下痢、水様性粘血便
 (トマトジュース状)が見られます。
 同時に白血球数の激減によって敗血症にも引き起こします。

 腸粘膜の毛細血管の出血などの要因が重なり、多臓器不全により
 死に至ります。

 いったん発症すると直接治療する方法はありませんが、体力や抵抗力に余裕が
 あれば適切な対症療法を行うことで、発症後5~7日程度で免疫が獲得される
 ため自然回復します。

 生後2~3か月程度までの子犬では、死に至ることが多くみられます。

 感染しても発病するのは20%以下で死亡率は5%以下とされています。

 病院に来る場合は症状が激しいので、死亡率がかなり高いのも事実です。
 
 重篤な症状が出たら非常に怖い感染症です。
 こちらもワクチンで完全に防げます。

 人にうつることは無い感染症です。

 
■3種混合ワクチン・・・犬ジステンパー+犬伝染性肝炎+犬アデノウィルス
 感染症のワクチン

●犬ジステンバー 上記参照

●犬伝染性肝炎

 アデノウイルス科に属する犬アデノウイルス1感染を原因とする
 イヌ科動物の感染症。

 感染動物の糞尿、唾液を介して経口、経鼻的に感染します。

 1歳以下の犬では致死率が高く、成犬では不顕性感染を示すことが多い。
 症状として発熱、下痢、嘔吐、腹痛などを示し、肝臓の腫脹が見られます。
 
 劇症型

 子犬に多く、急に激しい腹痛を起こし高熱を出して虚脱状態に陥る。
 吐血や血便を伴うこともある。
 致死率は非常に高く(90%以上)、多くは12~24時間以内に死亡します。

 重症型

 2~8日の潜伏期間を経て、だんだんと元気がなくなり、鼻水や涙を流し
 40 ~41℃の高熱が4~6日続きます。

 その後食欲がなくなり、下痢や嘔吐が見られたり喉の渇き、扁桃の腫れ、
 口の粘膜の充血と点状出血のほか、まぶた・頭・体のむくみなどが
 見られます。

 このような状態が4~7日間続いた後、急速に治癒に向かいます。
 回復期には、目の角膜に青白い濁りが見られることもあります。

 軽症型

 微熱、軽い腹痛、下痢、嘔吐など。

 無症状型

 無症状。

ウィルスは犬伝染性肝炎が完治した犬の体内にも一定期間存在し、
尿と一緒に排出されますから、散歩中に他の犬の臭いを頻繁に嗅いだり、
落ちているものを口にしたりしないようにしつけが必要です。

こちらもワクチンで防げる感染症です。


●犬アデノウィルス

 犬アデノウイルス(2型)感染症(犬伝染性喉頭気管炎)は、先に述べた
 犬伝染性肝炎と同じ属に属する犬アデノウイルス(CAV)によって起こる
 ウイルス性の感染症で、犬アデノウイルス(2型)(CAV-2)を
 原因としています。

 症状は発咳を特徴とする上部気道炎を示し、「ケンネルコフ」と呼ばれる
 「犬のカゼ」の病原体の一つと考えられています。

 人には人の、犬には犬のアデノウイルスがあり、その種類の動物しか
 感染力がありません。



■4種混合ワクチン・・・3種+パルボウィルス感染症のワクチン

●犬ジステンバー 上記参照
●犬伝染性肝炎 上記参照
●犬アデノウィルス 上記参照
●犬パルボウィルス 上記参照


■5種混合ワクチン・・・4種+犬パラインフルエンザのワクチン

●犬ジステンバー 上記参照
●犬伝染性肝炎 上記参照
●犬アデノウィルス 上記参照
●犬パルボウィルス 上記参照

●犬パラインフルエンザ

 この病気自体は死亡率は高くありませんが、他のウイルスや
 細菌などの病気と合併することで危険度が一気に上がります。
 
 「ケンネルコフ」と呼ばれる犬の風邪とされる病気の原因のひとつで、
 子犬がかかりやすい呼吸器系の病気です。

 感染力が非常に強く、他の病原体と同時発症することが多く
 見られます。
 
 激しい咳、鼻水などの風邪に似た呼吸器症状で、良くなったり
 悪くなったりを繰り返します。

 ワクチン接種で予防することができます。

 人間の場合は「ヒトパラインフルエンザウイルス感染症」と
 呼ばれます。

 人の病気と同じ名前ですが、病原体はCPIVというウイルスです。
 
 人にうつり、パラインフルエンザウイルス感染症を
 引き起こすことはないとされています。



■6種混合ワクチン・・・5種+犬コロナウイルス感染症ワクチン

●犬ジステンバー 上記参照
●犬伝染性肝炎 上記参照
●犬アデノウィルス 上記参照
●犬パルボウィルス 上記参照
●犬パラインフルエンザ 上記参照

●犬コロナウィルス

 犬コロナウイルスの病原性は弱く、成犬の場合多くは
 下痢や食欲の低下、嘔吐といった症状が見られる
 程度です。

 子犬の場合犬パルボウイルスや他の細菌など
 同時感染した場合は、命に関わる危険があります。

 現時点では、動物との接触でヒトが感染したという証拠はありません。

成犬になるとどれも子犬の時より死亡率は下がりますし、危険は
無いように思われますが同時感染した場合は成犬でも危険があります。

犬の予防接種によって副作用が起きるのは約0.6%と言われています。
0.6%といえども死に至るケースもあります。

副作用での死亡率はとても少ないのです。
でも例え何%でも大切な愛犬の命を失いたくはないと思います。

★犬の予防接種で病院に行く時は、必ず犬の体調が万全であることを
 確認しましょう。
 体調が少しでもおかしかったら無理に受けることはせず、予防接種は
 延期するようにしましょう。

★動物病院へは必ず、午前中の早い時間に連れて行きましょう。
 接種後30分くらいは院内で待つといいでしょう。
 注射した後に副作用が起きた時、その場にいれば
 すぐ診てもらえますよね。


それだけ副作用はすぐに出るし、怖いということを知っておいてください。

今回は最も基本的な重大ウイルス感染症を防ぐ2~6種混合ワクチン
でしたが、なんだ子犬が死亡率が高いだけではないかと思わないで
ください。

成犬でも子犬の様に危険ではなくても死亡する可能性はあります。

副作用は適切な接種を心がければ、重篤になる危険性は減ります。

確かにチワワと大型犬が同じ量を接種していいのかという問題も
あるかとは思いますし、ゴールデン・レトリーバーの様に副作用の
出やすい犬種もいます。

自分の犬は成犬だから死亡率も低いしワクチン打たなくてもいいやと、
軽度の症状の感染状態で気づかずによその子犬と出会って
移してしまったら、その子は高確率で死んでしまいます。

自分の愛犬だけではなく、よその犬にも配慮したいものです。


DSCF3704_1.jpg

引用・出典

http://ja.wikipedia.org/ 犬ジステンパー/パルボウイルス/犬伝染性肝炎

http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp/owner/knowledge/disease/dog2/index.
html
共立製薬株式会社





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN