FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > 2019年08月07日  

犬の民話シリーズ11

2019 - 08/07 [Wed] - 09:00

犬と猫と宝物   沖縄の民話

まだ犬と猫が同じように家の中で飼われていた頃のお話。

ある日のこと、ある村の大きな家が泥棒に入られてしまって家の宝物が盗まれて
しまいました。

そこで主人は飼っていた犬と猫に「盗まれた宝物を一緒に探してきなさい」と
言いました。

一緒に探しに出た犬と猫はやっとの思いで泥棒の家を見つけ出しました。

ところが家の門が閉まっていて猫はともかく犬は中に入ることができません。

しかし猫が門の傍らから上がって中に入り門の鍵棒をはずして門を開けて
くれたことで、犬も中に入ることができたのでまた一緒に宝物を探し
だしました。

すると、天井に隠してあった宝物を猫が見つけ出し、口にくわえて犬と一緒に
主人の家に帰ろうとしました。

しかし、途中にあった川が雨が降ったせいで水位が上がり猫は渡ることが
できなくなってしまいました。

それなのに泳ぎの上手な犬は泳いでひとり先に帰ってしまいました。

それを見て猫もなんとか川を渡ろうとしたけれど溺れてしまい宝物を川に
落としてしまったのです。

先に帰った犬は、主人に「宝物はあったのか?」と聞かれても「なかった」と
答え、「一緒に行った猫はどうした?」と聞かれると「途中で降った
雨のせいで川の水が増えて川が渡れず川のそばにいる」と答えました。

その頃の猫は、宝物を落としてしまったことに落ち込み、川のそばで水が
引くのを待ってました。

すると、下流の方に死んだ魚が浮いているのを見つけました。

お腹の空いていた猫がその魚を食べると、魚のお腹の中に落としたはずの宝物が
入っているのを見つけました。

猫は大喜びで宝物を持って主人の家に帰りました。

猫が家に帰ると、主人に「犬よりずいぶん帰りが遅いが、どうしてこんなに遅く
なったんだ?」と聞かれ、川であったことを話し持ち帰った宝物を主人に渡しました。

それを聞いた主人は、「猫はいつも私のそばで生活しなさい」と言い、
ウソをついた犬には「外で門番をしていなさい」と言いました。

こうしてそれまでは一緒に生活していた犬と猫だけど、犬は外で門番、
猫は家の中で生活するようになりました。

このことが原因で犬と猫はすっかり仲が悪くなってしまったとさ。

IMG_3954a.jpg

猫と仲のいい犬








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN