FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > 2019年05月08日  

犬の民話シリーズ9

2019 - 05/08 [Wed] - 09:00

新年号になり大型連休が明けました。

海外旅行など行かれた方もいるのではないでしょうか?

そんなことで海外の民話を今回はご紹介したいと思います。

おとなりの韓国に伝わる民話です。


昔々、とても可愛がられていた犬がいました。

どこに行く時も連れて歩き、片時も離れずそれはとてもとても可愛がっていた
そうです。

ある日、男はたらふく酒を飲み、ふらふらと酔っ払いながら家路を
めざしていました。

ふらふらと歩いていましたが男はとうとう、草むらに倒れ込むと
そのまま眠ってしまいました。

季節は秋で、野火が広がっていました。
すると男の眠る場所にも、火が迫ってきました。

犬は異変を察して、男を必死で起こそうとしました。
しかし、すっかり眠り込んだ男はびくともしません。

犬はとうとう起こすことをあきらめました。

そして近くの水に飛び込むと、全身を濡らして男の周りを転がり
草を濡らしました。

何度も何度も、水に飛び込んでは転がり、飛び込んでは転がりを
繰り返しました。

男の周囲の草は水に濡れ、火は燃え移りませんでした。

ようやく燃え移る火を防げたものの、犬はよろよろと濡れた体で
うずくまると、そのまま立ち上がることはありませんでした。

やがて男が目を覚ますと、あたりはすっかり燃えていました。

驚いて周りを見回すと周囲の草は濡れていて男は無事。
そこには動かなくなった愛犬が倒れていました。

男は愛犬を抱きしめるとびしょびしょに濡れていることに気づき、
愛犬が体を水にぬらして燃え移る火を消し止めてくれたことに気づきました。

男はその忠義に涙し、その場所に「義狗碑」という石碑を建てたそうです。


韓国でも犬は忠義の動物として描かれています。
ちょっと驚きつつも安心してしまうのは私だけでしょうか?

IMG_1363a.jpg

水に体を濡らした犬






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド


検索フォーム

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN