BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > 2017年04月05日  

愛犬家の皆さまへ どうかお願いです!

2017 - 04/05 [Wed] - 09:00


昔、ある収容所でのこと。ボーダーコリーらしき子が収容されていました。
BCRNで引き出す方向で連絡したところ、すでにその子は亡くなりましたとのお返事。

一旦収容部屋に入れられたら、病気の子でも、オスでもメスでも
たとえヒート中の子でもみんな同じ大部屋に収容されることがあります。

この子の場合は、その大部屋にいた時、
感染症にかかり、亡くなったのではないかと言うことでした。

収容所から出す子には感染症の危険性が高いということを改めて痛感いたしました。


以前、他の収容所でも引き出し直前に感染症で亡くなってしまったことがありました。
引き出したら、パルボに感染していた子も居ました。

保健所などの収容所には、さまざまな子が収容されます。
それらの1頭1頭に個室があるわけではありません。
その日に収容された子はみんな一つに部屋に・・・というのが多いのです。
病気になって世話が出来ないから と連れてこられた子も居ます。
庭の隅で野良が死に掛けていたからと言われ、収容した子も居ます。
そんな子から、一緒に収容された子に病気が感染するのは避けられません。


愛犬が居なくなったら・・・
「数日経ってから保健所に聞きに行けばいい。」
などと言っていては取り返しのつかないこと になります。

もしかしたら 交通事故 に遭っているかもしれません。
すぐに 必死で探すべき です。
万が一、収容された時は、帰ってきたら 病院 へ連れて行きましょう。


また、多くの感染症は 混合ワクチンを接種していることで防げます。




    どうかお願いです!


「うちの子は大丈夫」。
などと思わず、混合ワクチンは必ず接種 してあげてください。

 愛犬を守れるのは 飼い主様しかいない のですから。










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME | 

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN