fc2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > しつけ・アドバイス  

熱中症 今年は早い

2022 - 07/04 [Mon] - 09:52

こんにちは!!

暑い!!今年は暑いのが早い!!!!

まさにうだるような暑さ。


毎年、ブログで熱中症に注意という記事をアップしてますが
いつも7月過ぎてからアップしてますが
今年はもう6月でも遅いくらいになってしまいました。

さて、7月。。。

今回も熱中症の注意事項です。。。

まず、外飼いのワンコですが、なるべく家の中においてあげてください。
それでなければ日陰をつくる、風邪通りのよいところに置くなど
またお水はいつでもたっぷり飲めるようにしてください。

また外出するときは、車中に置いたままにしない。
アスファルトは非常に歩くなるので、日中は歩かせない
またはそこに放置しない。水分はたっぷり与える。

もし飲みたがらない場合は、ペット用のスポーツドリンクがあるので
それを与えてください。
散歩にも持っていく方がいいかもしれません。
最近では、ネッククーラーが流行っています。
ジェルのような首輪のようなものとか売ってますし
濡らすと冷たくなりタオルなどもいいですね。
関西チームっでフリマで販売しているスヌードもいいですよ(^_^)
内側に冷たいジェルを入れるようになってます。

首を冷やすと効果あるらしいです。

また、暑いアスファルトを歩くときは、
肉球を保護してください。
靴や靴下を利用したり、暑さ対策用クリームなどを塗ってあげてください。


これだけではありません。
随時いろいろと問題が出てくるので
検索などして情報をキャッチしてくださいね。



今回は、それに加えて
衛生面に注目します。

いつも置いたままのお水やご飯のお皿はないですか?
冷蔵庫を覗いてみると、
使えない野菜が腐ってくているようなものもあります。
先月に比べて、消費期限がはやい、

ワンコの水飲みカップも、ちょっとおくと少し濁ってたりします
できれば毎回器を洗ってください。

ワンコのケージや犬舎も定期的にこまめに掃除などをしてあげてください。
また抜け毛も多いです。毛がたまるとこれも暑くなるので
なるべくブラッシングをして毛を減らし掃除などして涼しく過ごしましょうう。


そして、できればあつい時はクーラーをしてあげてください。
設定温度は寒すぎず暑すぎず。日にもよりますが
26度くらいから28度くらいがいいかとも思います。

テレビで見たのですが、
クーラーは、つけたり消したりせず
1時間以上その場を離れるなら、消した方がお得らしいですが
30分くらいなら、つけっぱなしの方が消費電力が少ないらしいです。
電気代が高くなるこの夏。
節電とうまく付き合わないといけないですね。

友人は、あまりに暑いので
家にホースで水をかけたそうで
これは涼しくなる効果があったようですよ。

こんな風に、水を利用するのもいいかもしれせんね。



とにかく暑い今年の夏!動物も暑い!

地球温暖化、止まるといいですね。
温暖化対策と熱中症対策
相反する対策ですが両立できるよう頑張っていきましょう!!!!


289430451_570879827894147_4820132423684815115_n.jpg


百貨店にいた子です。連れて帰りたい!!!!
しかし、重い高い。。。
今日家族会議して、購入を検討する予定です。
白黒愛好症:白黒を見たらボーダーコリーに見える症状です(笑)




がちゃ2










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。

その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。

お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、

またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。 

保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。 

この活動をより良く行っていくため、 引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。 

皆様方のご理解とご協力をお願い致します。 

  BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします

              

                

  保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます

                 

              image3987.gif          

        Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ

 

ランキングに参加しています! 

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも BCRNへの嬉しい支援になります 

どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

ほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

シニア犬と暮らすこと

2022 - 02/14 [Mon] - 14:12

 
先日、食べてはいけないレーズン入りのパンをほんのちょっとの間に盗み食いした我が家のボーダー。
食べて10分位だと思いますが、慌てて獣医さんに駆け込んで薬を使って吐かせる処置をしてもらいました。
発見が遅ければ急性腎不全を起こしかけないレーズン。
私の不注意だったので猛反省しました。13歳になろうとしている愛犬もまだまだ油断できないです。

私たち人間が、「そろそろ自分の体をいたわらなきゃ・・」と思い始めるのは何歳くらいでしょうか。
どうぶつたちの時間は人より速いペースで過ぎ、年を重ねていきます。 
どうぶつたちとの暮らしの中で、お互いに「あうんの呼吸」を感じ、「ずっとずっと一緒にいるみたいだね」と思い、関係が熟してくると、「そろそろウチの子の体もいたわってあげなくては・・・」という年齢になっていたことに気付くようになります。       

ワンちゃんは最初の一年で「ほぼオトナ」になります。 
大型犬は、オトナになるのが中型犬、小型犬より少し遅いのですが、その後、早いペースで年を重ねていきます。 
一方、中型犬や小型犬は早くオトナになり、ゆっくりと年を重ねていくといわれています。 
もちろん同じ年齢でも個人差が大きいのですが、 そろそろ7年を迎えるという頃になったら、「よりよく年を重ねさせてあげるための心配り」を始めましょう。 
まだまだ若々しい子から若々しさを取上げてしまわないよう、お年寄り扱いをせず、その子にあわせた生活を演出してあげましょう。
年に一度の健康チェックにより早期発見、早期治療ができるように心配りもしてあげましょう。 

それでは、ごく自然などうぶつとしての生理的な変化を踏まえた上で、適度な刺激を与えてあげること、いつまでも若々しく過ごすために、食事、散歩、飼い主さんとの豊かなコミュニケーションなどどのような心配りをしてあげたらいいのでしょうか。 
※シニア期のワンちゃんにとってどんな刺激が嬉しいのかな? 神経細胞の老化対策のためにも適度な刺激が大切です。 
豊かなコミュニケーションにより飼い主さんの愛情を伝え、生き生きと嬉しそうな表情を引き出してあげましょう。 

「やさしく体を触ったり、日頃からたくさん話しかけてほしいな」 ・・・体を優しく触ることは腫瘍などの病気の早期発見につながりマッサージ効果も生まれます。 
「日光浴がうれしいな」 ・・・ 心と体の健康のためにも適度に陽射しを浴びさせてあげましょう。 
「 一人ぼっちは寂しい」 ・・・ 家族のだんらんの中にどうぶつを交えていただき、家族の温もりを感じさせて あげましょう。 
「初めての場所で新しい匂いを嗅ぐとワクワクするよ」 ・・・新しいお散歩コースにチャレンジをしたり、お散歩の途中に楽しいゲームタイムを用意してあげてもいいですね。 
「飼い主さんと楽しく遊びたいな」 ・・・隠れん坊や大好きな匂いを探すゲームなど、好奇心がさびない工夫をしてあげましょう。 
「あの子と遊んでみたいな」 ・・・他のどうぶつと触れ合って、ワクワクと楽しい時間を過ごさせてあげましょう。

中には多頭飼いをはじめたことが刺激になって、若さを取り戻す子もみられます。 
多頭飼いの注意点としては、子犬の目まぐるしさから逃げることができる場(ケージやクレート、ベッドなど)を必ず用意してあげましょう。 
※シニア期を迎えたときにみられるワンちゃんの変化 加齢に伴って生じる変化を老化といいます。
人と同じように白髪が見られるようになり、皮膚のハリも衰えてきます。
若いころの体のキレが見られなくなり、動きがゆったりとしてきます。 
感覚を司る器官の細胞の老化により、視覚、聴覚、味覚、触覚などにも変化がみられるようになります。
「外界の情報が得られにくいこと」はどうぶつたちの不安につながり、運動をすることを嫌がったり、恐がったり、やたらに甘えたがるなどの行動の変化につながることがあります。 
また、加齢とともに筋肉量が減り、このため基礎代謝が低下しますが、このことは運動量の低下にもつながります。 
各臓器を支える平滑筋などの老化や臓器自体の機能低下がみられ、 今までよりおしっこやウンチの回数が多くなったりコントロールができなくなったりもします。 
筋肉量が減れば、何かあったときに逃げられないという不安につながり、 このことが攻撃的な行動につながることもみられたりします。 
これらの自然な生理的な変化に伴う行動の変化に、実は疾病が隠れている可能性もあるので注意が必要です。 言い換えてみれば、疾病を適切に治療することにより、老化によるとばかり思っていた行動の変化が治る可能性もある、ということですね。 
例えば、食欲がない原因が歯周病によるお口の痛みにあるかもしれませんし、元気がないのは甲状腺の機能が低下しているのかもしれません。
おかしいな、と思ったら動物病院でチェックをしてもらいましょう。(アニコム動物相談室より抜粋)

小さい頃の可愛いから歳を重ねるごとに愛しさに変わっていく犬達が、いつまでも飼い主様と穏やかな生活が送れますように。

 
BCRNにも高齢の保護犬達がおります。この子達にも幸せが訪れますように。

代表して保護犬№469ハンク
hannku.jpeg





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。

その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。

お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、

またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。 

保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。 

この活動をより良く行っていくため、 引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。 

皆様方のご理解とご協力をお願い致します。 

  BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします

              

                

  保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます

。                

              image3987.gif          

        Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ

 

ランキングに参加しています! 

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも BCRNへの嬉しい支援になります 

どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

ほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ワンコの風邪

2022 - 01/17 [Mon] - 09:00

 大雪のニュースが毎日のようにテレビで流れ、被害に遭われている皆様は大変な日々をお過ごしのことと思います。
体調や事故など十分お気を付けくださいね。
 
この時期コロナ禍は勿論のこと、 インフルエンザや風邪にも 注意しないといけない時期ですよね。 
さて、ワンコには風邪って流行ってるの? そもそも風邪ってひくの? 
そうワンコもインフルエンザにもなるし風邪もひきます。 インフルエンザはイヌに関して国内では発症例がないようで重要視されていませんね。
 ワンコの風邪は、ケンネルコフ(犬伝染性気管支炎)と言われるものや パラインフルエンザ アデノウィルス、マイコプラズマなどがあります。 
このようなウィルスは単独で感染した場合は軽症ですが 他のウィルスが重なった場合は重傷になります。
 原因は、感染している犬からくしゃみやせきなどの飛沫を吸い込んでしまい感染します。 そして、免疫力が低い場合は移る可能性が高くなります。 
このような寒い冬に体が冷えて免疫力が低下すると風邪をひきやすくなりますね。 そこで、このウィルスの予防法として 1、ワクチンを受けることがあります。 2、生活環境を清潔にする。 3、り患している犬に近寄らない。 4、他の犬を触るごとに手洗いをする 5、免疫力を高める などがあります。 免疫力などは、栄養価のあるものを食べ、食欲がなければ消化の良いものを与えましょう。 またハーブなども使用するとよいでしょう。 ワンコにあわないハーブなどもあるので詳しくはお近くのハーブ専門家や専門店でお聞きください。 そして、絶対してはいけないことは 人間の薬を与えないことです。人と犬とでは摂取する量も違い、 犬には重篤な中毒を起こす薬剤も含まれています。 できれば、咳やくしゃみをしたり、発熱を認めたら 早めにかかりつけの動物病院へ行ってくださいね。

早くコロナも終息して人もワンコ達も元気に過ごせる日が来ると良いですね。


ハンク
写真は保護犬№ 469のハンクです。
現在は寝たきり状態になってしまいましたが、預かりサポーターさんがスプーンでフードを口元に運んであげるとパクパク。食欲旺盛なハンクです。
預かりさんの手厚い介護でのんびり過ごしているハンクです。
ハンクの日記はhttp://bcrn.yuetan.net/blog/sr4_diary/26bcrn469です。これからも応援よろしくお願いいたします。












 

BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、 
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。 
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。

     BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします。
                             
                

  保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。             
                             
              image3987.gif 
        Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ


 

       ランキングに参加しています! 

      こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
      BCRNへの嬉しい支援になります 
      どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします

        にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ペットの急変は突然やってくる

2021 - 11/19 [Fri] - 09:00


みなさまこんにちは。 

11月が半分終わり、もう今年も残すところあと1ヶ月半・・・としみじみしております。 
年賀状、大掃除。 コロナの流行がこのまま落ち着いているなら、帰省できるのかな?
 いろいろ考えること、準備しておくこと、ありますよね。 

まだ1ヶ月半、されどあと1ヶ月半しかない💧
きっとあっという間に今年も終わってしまうのでしょう。


 さて、今回のお話です。
少し前に私自身が経験した、ペットと暮らすうえで必要だと感じたことを共有できたらと思います。


タイトルからお分かりの通り、「ペットの急変」に遭遇したお話。
(我が家の犬ではありません🐶)


 コロナの流行が落ち着いてきた夏ごろ、県内のとある観光地まで家族で出かけました。

  子どもが「トイレ!」と言うので、とある道の駅に寄りました。 
道が混んでいて目的地への到着が遅れていたのでさっと済ませて・・・
と、子どもの手を引きトイレへ急いで向かいます。

すると、少し離れたところにいた一頭の黒いラブラドール・レトリーバーが目に入りました。

「可愛い💕」と一瞬思いましたが、飼い主さんはなんだか焦っています。
様子がおかしいことにすぐ気づきました。
飼い主さんほか、グループの皆さんで犬の名前を呼び、いろいろと声をかけ、体をさすっています。
その犬は支えられて座っている状態でした。


車は県外ナンバー。
「もしかしたら動物病院を探しているのかも」
「土地勘がなければ大変かもしれない」

胸がざわつきます。

一方、娘はトイレへ一目散。
その表情からすると、かなり迫っていた・・・と推測されます😩


とりあえず娘のトイレを済ませて出ると、黒ラブさんは横になっており、飼い主さんはどこかへ電話をしていました。

ああ、絶対具合が悪いんだ。

声をかけてみようかな。
かといって、何かできるわけでもないし・・・
こんなときに限って、時間に余裕がない・・・


結局、黒ラブさんご家族には声をかけられず、先を急ぐため道の駅を出ました。


いまだに、「大丈夫だったかな」と、ふと思い出します😔

そして、

「ペットの急変時のために知識と技術があったら」

と思うようになりました。


ペットの急変。
字のごとく、それは突然やってくるものです。
調べればいろいろと知識をつけることはできますが、実際に急変した時に動けるかどうか。
なかなか経験しないことですから、難しいと思います。


インターネットでいろいろ調べてみると、ペットの救急法、応急手当について学べる講習があることを知りました。
いざというときのために、良い機会と思って受講することにしました✨


ペットに何かあった時、すぐに動物病院に向かえるとは限りません。


大切な家族のために、毎日の安心のために。
ペットの救急について知識や技術を身につけておくのもいいかもしれませんね。


受講は少し先になりますが、受講を終えたら後日ブログで内容をお伝えできたらと思います。
楽しみにしていてくださいね。



寒さが増しています。
体調崩されませんように。


11月19日ブログ用
クッションで温まりたくなってきたようです😄






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。 その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。 お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、 またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。 保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。 この活動をより良く行っていくため、 引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。 皆様方のご理解とご協力をお願い致します。 BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
                            

                保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。                                  

                image3987.gif Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ 

 

ランキングに参加しています! こちらのランキングボタンをクリック頂けることも BCRNへの嬉しい支援になります どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ 

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

冬支度

2021 - 11/01 [Mon] - 09:49

こんにちは。 

今日から11月です。もう年末ですね。 

いろいろし残したことはありませんか??

うちは、このコロナのせいで 遊びに行ってません(>_<) 

やっと緊急事態宣言も解除されたし どこかへ行きたいですね。


さて今月から寒いということで 冬支度についてです。

実は、先週我が家の長女トリアナが 朝起きて、ベッドから降りるときに サイドテーブルを倒し、絨毯を丸めて 落ちるようにおりました。

その後、トイレへ行こうとしたのですが 腰が上がらず、 立ち上がろうとくるくると半立ちで歩き回り こちらとしてはボケたか??? 脳梗塞か?? 腰か足にきたか??? と心配。。。。 

さて病院でレントゲンや~~~!!! と慌てふためきましたが 診察に行くと 腰ですね~関節炎でしょう。レントゲンまではいらないです。 ちょっと触っても腰を痛がってますよ。

最近、急に寒くなったし 朝起きた時には、特に注意が必要ですよ。 階段とか高いところから降りるとか させないように。。と いうことでした。

ちなみに、まあ普通はここまでくると 痛がって歩きまわらず、じっと寝ていますけどね。。。

ボーダーコリーさんは、ぎりぎりまで元気だし わかりにくいですよね。。。。というご感想もいただきました。

実際、触って痛がっているのに 元気に吠えたり走ったり食ったりしてます。 どんだけハイパーやねん(^_^;) 

で、我が家では なるべく階段を使わせない 高いところに登らせないように 部屋を改造 ベッドをたたんでマットを床において寝るようにしました。

長年親しんできたダブルベッドがああ(>_<) 


そんなこんなで 寒くなると気をつけたいことをあげておきますね。

★体調をみる 下痢をしていないか 尿はでているか ご飯 冷たすぎないように心掛けてください。

 また、暖かいものといって湯気が出るほど暑すぎるものは 避けてください。ひと肌でぬるめくらいが良いと思われます

★寝床対策 外飼いの場合  雨風をよける。

 なるべくわんちゃんのハウスなどに隙間風などが入らないように 雨や雪がひどいときなどは屋内に入れてあげてもいい     でしょう。

   毛布やフリースを活用する  少し柔らかいマットなど敷いてあげると寝やすくなります。

 とても寒い時期などは、保温シートなど敷物の下に敷くのもおススメです。

 ボーダーコリーは暑がりなので、たまに敷物の下にもぐっていることもありますが 寒いときはちゃんと敷物上で寝ていますよね。

  服を着せる  すこし温かめの生地の似合う服などを着せてあげてください(*^_^*) 

  服を嫌がる子には、無理せず他の対策を(*^_^*) 

  暖房器具などを使用する。ワンちゃんたちに危なくない器具をお使いください。 

  エアコンがお奨めですが、ワンちゃん達が過ごす床の付近は 冷たい空気が流れがちなので、時々様子を見ましょう。  

★散歩 時間帯や気候を選ぶ。

  雨や雪が冷たいときや風がきつい時など はなるべく避けて、明るい時間帯などに移行するなど 無理をしないでください。

  濡れたらすぐ乾かす。雨に濡れると体は予想以上に冷えてしまいます。濡れないようにしてあげてください 

  もし濡れた場合は、その場で拭くか 時間が経過した場合などはドライヤーなど使って 毛の根元を乾かしてあげてください。

   防寒具や靴の使用。 服を嫌がらない子であれば、防寒具や雨用のコートを着せてあげましょう。

  なかなか履いてくれないけど、靴もおススメです。


  21 0908-4 

冬はもうすぐそこまで来ています。

冬の遊びも楽しいことがたくさんあります。

寒さに負けず、元気でわんちゃんと一緒に遊びたいですね!





 

BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、 
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。 
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。

     BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします。
                             
                

  保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。             
                             
              image3987.gif 
        Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ


 

       ランキングに参加しています! 

      こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
      BCRNへの嬉しい支援になります 
      どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします

        にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ にほんブログ村

        にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN