FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > お知らせ  

大切にしたいもの(再掲です)

2020 - 02/19 [Wed] - 10:00




皆様ご存知のようにボーダーコリーは牧羊犬として知られています。
これは”シープドッグ”と呼ばれることからも明らかですね。

羊飼いのまさに手となり足となり、時には目として働くワーキンググループに属する犬でもあります。

さて皆様は彼らと共に働く人々、羊飼いというとどのような姿を思い浮かべられますか?

そしてその必需品と言えば?

例えばシーフォー?
(羊飼いが牧羊犬に合図を伝える一種の犬笛です)

そして・・・?


BCRNトップページの下のところにそっと佇むボーダーコリー。
彼(彼女?)の後ろに描かれているもの・・・


そうです、『羊飼いの杖』 ですね。


全ての羊飼いが持ち歩いているとは限らないのかも知れません。
でも、絵や映画などで描かれている彼らの手には、常にこの杖状のものが握られている印象があったりしませんか?


クリスマスツリーに飾られるあの杖の形のオーナメントも、実は羊飼いの杖がモデルとも言われているそうですよ。群れから迷い出た羊を引っ掛けて元に戻したので、助け合いの心を象徴するとも。

そう、この杖、本来は羊を引っかけるために使われるものなのだそうです。
もちろん、山間を歩き回る彼らの文字通り杖(=ポールやピッケル)としての用途もあるでしょうが。

”シェパートクリーク”と呼ばれるこの杖、ちょっと検索すればネット通販でも買えちゃったりします。
この杖にも二種類あって、羊の脚を引っかけるレッグクリークと、首を引っかけるネッククリークがあるとか。
なかなか使う機会はないでしょうが、おもしろいものですね。


更にはこの杖、ウィキペディアに拠れば「権杖(けんじょう)」と呼ばれる、宗教儀式に用いられるものの基になったとか。

「羊飼いの用いる杖に由来するとされる。教区を率いる主教は牧者に喩えられ、教区の信徒は羊に喩えられ、権杖は教区の信徒を護り導く主教の姿の象徴であるとされる。」だそうです。」(原文より引用)



さて、牧羊という人間と羊の関わり合いはとても長く、キリスト教などをはじめとして文化における象徴性等々、とても一概に語りきれるものでありません。

例えば、”迷える子羊~”なんて、なんで羊なの?などと思うよりも早く言葉として根付いていたりしますよね。






・・・脱線し過ぎました。


今、迷いの森を彷徨ってしまっているのはボーダーコリーとの付き合い方に悩んでいる飼い主さんかも知れませんし、不幸にして家族となるべき人達と巡り会えずにいる犬達かも知れません。


お話は戻ります。


トップページにあるあの杖の先が引き寄せてくれるのが、どこかで繋がっている赤い糸の先の端になればいいなと思っています。

「杖と頼む」・・・頼りになるものとしての意味もあったりします。


皆さまのお気持ちが”幸せ”を形作る大きな力であることを信じています。











ニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウニクキュウ


ブログページトップの右上にある ブログ内検索 窓、あまり目立ちませんがここにキーワードを入れていただくと今までの記事の中からその言葉が含まれているものを表示してくれます。

今回の記事はずいぶんと前のものですが実は”牧羊犬”というワードから抽出されてきたもののなかのひとつです。

さてこの言葉から意味するもの、順当に考えればまずは働く犬種としての分類名が思い当たるでしょう。

学術的な調べごとの答えを期待する方はもちろんここからひもとくことは少ないと思います。


さて、いくつかの記事が並びます。

そしてとある共通する話題があります。

それは「噛む」事に関する問題です。

例えば
「仕事好きな犬、ゆえに「噛むから」と・・・」
「ボーダーコリーゆえの。。。」
などなど。

どれもこの問題に関するお話が続いています。


「噛み」、現在もレスキュー案件の中で出てくる難しい問題のひとつです。

BCRN へ、こうした問題へのお悩みからご相談を受けることもありますが、もしかするとそのなかにおいて少しでも助けとなるような何かが含まれているかもしれません。


頼りとなるもの、、

それはそれを求めるなかでこそ得られてゆくのかもしれないですね。


私たちと彼らがともにしあわせでいられるよう願ってやみません。













BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

BCRNグッズの設置のご協力店ご案内の訂正とお詫び

2019 - 12/18 [Wed] - 09:05


12月4日の記事でお知らせご案内したまきばの森さんに追加と訂正があります。
冬季時期のためまきばの森さんの営業が休業します。
お詫びと訂正いたします。

変わって同じ所在で、雪遊びのできる広場になりました。
今週末21日にスキーとスノボーのレンタルショップアースワーク
「AERTHWORK」がOPENします。


79759978_440195340198537_4262132666159071232_n.jpg


80375594_710174482723835_25341114500251648_n.jpg




BCRNのグッズはこちらの方に移転しております。


79600143_711381236053026_5479455809505067008_n.jpg

入口付近の目立つ場所に設置していただきました。
オーナーさんのセンスで飾っていただき
素敵なブースになっています。




79373654_496862287846414_5879073009972543488_n.jpg

グッズも最新のハンドメイド商品がおいてあります。

ゆっくりえらんでくださいね。


またまきばの森さんでのドッグランは、冬季の間スノードッグランになります。
12月1日から予約開始です。
受け付けは、レンタルショップ「アースワーク」さんにて。


80688428_440719179870820_8772095669830680576_n.jpg


80375594_710174482723835_25341114500251648_n.jpg


79376440_766425220540434_4562455020221497344_n.jpg




またまきばの森の開始は、ゴールデンウィーク頃になります。
詳しくはホームページをご確認ください。
下記をクリック!

アースワーク




79711573_825279097915674_1732412867438706688_n.jpg



79740475_439595560047438_1524581010598002688_n.jpg

LINEで登録すると特典があるらしいです。
詳しくは、店頭できいてください。


またfacebook でもまきばの森さんでご案内があります。


合わせてみてくださいね。













BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ご支援ありがとうございます。

2019 - 12/09 [Mon] - 10:00



本年も BCRN 保護犬たちへのご支援をいただきましたこと、あらためましてお礼申し上げます。

みなさまのお気持ちによって保護犬たちは支えられています。

ご報告とお礼です。




No.429 ウェンディ 保護犬たち 大阪府 加藤朝子 様、大阪府 神田 様 より頂戴致しました。



支援87

支援88

支援89



フード





たくさんのフードありがとうございました、ウェンディと 他の保護犬達へ食べさせます。





No.383 ジィ 、 へ 愛知県 神崎 様 より頂戴致しました。



支援90



フード





ありがとうございます。





No.424 シャムロック 栃木県 平久保直希 様 より頂戴致しました。



支援91



消化器サポート、肉球クリーム





肝臓の数値の気になるシャムロックにありがたいです。ありがとうございます。






No.424 シャムロック 大阪府 加藤朝子 様 より頂戴致しました。



支援92



吉岡フード





たくさんのフードありがとうございました。
健康で過ごせるようガンバります。





数多くのご支援ありがとうございます。頂戴した品々とお気持ちに、あつく御礼申し上げます。

ありがとうございました。









BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

BCRNグッズの設置のご協力店ご案内

2019 - 12/04 [Wed] - 09:40

12月に入り、寒くなりましたね。

今月から岐阜県郡上市にあるドッグラン まきばの森さん で、
BCRNのグッズとボーダーコリーグッズを設置販売
してくれることになりました。

ホームページはこちらから
http://makibanomori.com/


まきばのもり1


まきばのもり3


まきばのもり2

ドッグランがあって、カフェがあってたのしそうなところでうよね。
是非ワンコと一緒に遊びに行ってみてくださいね。
常設展だからいつでもボーダーコリーグッズが買えますよ。

  <ご注意!今月中旬から設置されます!! >


そして以前から、大阪府富田林市にあるカフェ ロサさんで
同じくボーダーコリーグッズを設置販売してくれています。

ホームページはこちらから
https://sites.google.com/site/nagayacaferosa/

寺内町という古風で素敵な街並みのなかにたたずむ
古民家カフェ ロサさん。
素敵な店長さんがお迎えしてくれます。
おいしいランチがいただけますよ。
こちらも是非足をお運びください。

kaferosa.jpg










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ご支援へとお礼申し上げます

2019 - 11/25 [Mon] - 10:00



いつも BCRN 保護犬たちへのご支援をありがとうございます。

みなさまのお気持ちによって保護犬たちの笑顔もうまれてまいります。

ご報告とお礼です。




No.429 ウェンディ No.443 チーボー 大阪 KA 様 より頂戴致しました。



支援83





ドッグフード3キロ




ありがとうございました。





No.424 シャムロック No.462 ジュジュ 静岡県 TS 様 より頂戴致しました。



支援84





マイフリガード、おやつ、パウチ




ご寄付ありがとうございます。
山あいに暮らしておりますので、ノミダニ予防薬は必須です。とても助かります。
おやつもとても喜びます。





保護犬たち保護犬たち 一般の方 より頂戴致しました。



支援85





フード




ご支援ありがとうございました。





No.424 シャムロック 熊本県 EI 様 より頂戴致しました。



支援86






フード




フリマグッズもご購入いただき、フードもいただきました。ありがとうございます。助かります。






数多くのご支援をいただいております。頂戴した品々ともども、あつく感謝申し上げます。

ありがとうございました。









BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

タグクラウド


検索フォーム

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN