FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > コラム  

改正動物愛護管理法

2020 - 01/24 [Fri] - 10:30

令和も2年になりました。
今年の6月1日より改正 動物愛護管理法が施行されます。

この法律は、平成11年より現在の法の名称に変更されてから
5年を目途に見直しされることになっています。

昨年はその5年目にあたり、その一部が改正されました。


主な改正点は、
1 犬猫等販売業者におけるマイクロチップの装着と登録
2 幼齢犬猫販売規制 生後56日までの販売・展示・引き渡し等の禁止
3 第一種動物取扱業遵守基準の内容の具体化 
   適正飼養の促進や生活環境保全のための業者の遵守事項を具体的にした
4 動物取扱責任者の要件の充実等 
   十分な技術的能力や専門的な知識経験を持つ者でなければならないという規定
5 周辺環境保全の勧告、命令措置
   周辺環境の被害や虐待に対する勧告や命令が多頭飼育でなくても行いやすくなった
6 習得者などからの犬猫の引き取り拒否
   自治体は所有者や業者以外で所有者不明の犬猫の引き取りを習得者からの引き取りを拒否できる
7 特定動物に関する規制の強化  特定動物は原則禁止
8 罰則の強化 みだりな殺傷の罰則が5年以下の懲役または500万円以下の罰金
9 動物愛護管理センターの業務の明確化 
10 獣医師による虐待の通報義務化

以上のことがあげられます。



この他にも枝番号を含めて65条だった条文が99条にまで増えました。
この改正でよリ多くの命が。助けられるといいですね。


少し読むのがめんどうですよね。



これらの改正は、動物を扱う業者だけでなく一般の飼い主にも
関わる改正であり、
動物を飼っている私たちも一読しておくべき法律です。
私たちの環境、動物たちの環境、
そして私たちの大事な家族としてのペット達を守るために
今後どのように活用されていくのかその問題点など
把握しておきたいですね。


80688428_440719179870820_8772095669830680576_n.jpg











BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

続きを読む »

検索窓から

2020 - 01/10 [Fri] - 10:00



何かを調べる
気になっていることを知ろうとしたとき
まず検索してみる

日頃ほとんど自然に行われていることではないでしょうか。

これらはインターネットと呼ばれる仕組みによって成り立っています。

インターネット、ほとんどの方が何らかの形で関わりを持っていると思います。

自分は使わない という方もいらっしゃるでしょうが、間接的なつながりを持たない人はもはやいないと言えるでしょう。

多かれ少なかれ何かの形で携わっていると思います。


これから犬を飼いたい、飼っている犬について知りたいことがある、、

犬のことに限らずます検索してみるという行為は当たり前に近くなってきているでしょう。


筆者の記憶で言うのならつい十数年前ではここまでの普及はまだありませんでした。

ことボーダーコリーに関する情報は今よりもう少しはハードルが高かったように感じます。

ボーダーコリーを買っている人から聞くお話というのはその入り口の一つだったと思います。
(もちろんこれは形こそ変わっても今でも大事なものだと考えます。)


時を経て世界のシステムが変化し、こうして伝わるかたちは変わってきてもその本質は変わりません。

私たちは犬と暮らしてゆく中で学び、考え、そしてまた学び、
ともによりよい関係性をめざして歩んでゆくのだと思っています。






検索エンジン Google の検索窓に 「ボーダーコリー」 と入れてみます。

0.35秒 約 4,100,000 件 の情報がヒットします。

様々な人々がそれぞれの目的によって検索した結果からその内容を反映したものが表示されます。

犬種自体に関するもの ・彼らと出会う手段、方法について etc
(この部分は以前にもお話ししました。)

ページをスクロールしてゆくと下の方に
”ボーダーコリーに関連する検索キーワード”
が列挙されています。

ちょっと気になるキーワード
「ボーダーコリー売れ残り」

こちらをクリックすると

0.25秒 約 13,400 件 です。

その内容はというと、、

具体的な入手方法を知ろうと言うよりは”問題”に対する相談であったり、そうした子を見かけたあるいはそこからの出会いについて書かれていたりするものが目に入ります。
(残念ながら こういう場でよく目にする名前も見受けられます。)
(それらの関連性についてはきちんとした考察がなされるべきで軽々しくは論じられません。)

さらに ~に関連するキーワード を見ると

「里親募集」 などの言葉が現れ始めます。

そして 「ボーダー コリー 里親 掲示板」

こうして BCRN のサイトが画面に出てきます。
(※BCRN では「里親」という言葉を使用しておりません。)

表示項目数は 約 41,200 件


一頭でも多くのボーダーコリーを幸せにしたい


私たちがなさねばならないことはまだまだ数多くあることを思い知らされます。






すべてのボーダーコリーに問題があるわけではありません。

どのような犬種であれそこにはその種故のなんらかの問題点があったりします。


資質的な問題もあるでしょうが問題が問題たり得るのは人との関係性においてこじれが生じてしまった結果によるものが殆どだと言えるでしょう。


みなさまが接している ボーダーコリー という犬たちについて、、

こんなところから考えをめぐらすこともできると思います。










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ





「いのちの教育」セミナー

2019 - 11/18 [Mon] - 09:09

秋深し。少しずつ寒くなっていますが、今年は暖かいですね。
散歩にはとてもいい気候です。

さて、先日、奈良県宇陀の山里にある
うだアニマルパークで開催された「いのちの教育」研修会に参加しました。

うだ1

大きな施設で、収容された動物をケアして、譲渡までしているようです。


うだ3


譲渡前の猫ちゃん、不思議な柄してました。
ボーダー好きは、やっぱり白黒が気になる。






こちらでは、子供向けに
「いのち」というものについて、小学の1年生から勉強します。
いのちの大切さをおしえていきます。
子供たちのために張り子の動物を作成し、それを使用してわかりやすく説明していきます。
張り子は、パークのシンボルキャラクターにもなってますね。



うだ4


今回は、このシステムについての研修会に参加、勉強してきました。


うだ2


全国から、この教育を取り入れたいという方があつまり、
見学や座学、意見交換会などがあり
実りある研修会でした。

このような教育は大事ですね。

いのちを大事にする。
ペットは最期まで面倒をみる。
人間は動物からいろんなものをもらっている。
動物を守るために環境を良くする。

そして、日本から殺処分をなくしたいものですね。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

犬の嫌いな音って?

2019 - 10/23 [Wed] - 10:10

この間の台風には驚きましたね。被害にあわれた方のお早い復興をお祈りいたします。

まだまだ台風がやってくるようですね。気をつけたいものです。


荒れ狂う風邪や雨、雷に驚き、吠えたわんこも多いのでは?
今日は、雷などの犬が嫌がる音と、その対策についてまとめて見ました。

どんな音が嫌いなのか?

①雷
雷は犬にとってなんだかわからないけれど大きな音がする、という認識の嫌なものです。
飼い主さんが怖がるとますます混乱し、パニックになり吠えることになります。
愛犬のためにも怖くても「大丈夫だよ」と声をかけ、撫でてあげたりして落ち着かせてあげましょう。

②破裂音
風船が割れるようなパンっ!!!という音も、犬は嫌いです。
花火も破裂音ですね。
人間がびっくりするように、犬もかなりびっくりします。
そのうえ、人間のように「なんだ、花火か~」という理解ができないので、いつまでもなんだろう~とそわそわします。
わからないものへの不安とストレスから吠えてしまうのですね。
一番いいのは音を聞こえなくしてあげることですが、、、難しいですね💦
花火であれば窓を閉めてあげたりして、少しでも聞こえないようにしてあげることぐらいしかできません・・・。

また、掃除機や救急車のサイレンに反応する子もいます。
これは犬の耳が嫌がる周波数を出していることや、逆に犬の遠吠えの周波数に似ているので、犬が応えているように思うといった原因があります。本能的なものなので仕方ないのですが、いつも吠えていては困りますよね。

そんな時は、慣れて欲しい音源を探したり録音し、小さな音で繰り返し聞かせることで問題のない物だという認識をさせることで、改善されることもあるそうです。

ba846688038a7394874a50275748123f_s.jpg

どんなことをしてあげたら落ち着くのか、愛犬をよく観察しながら少しでもストレスなく音と向き合えるようにしたいですね!!








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             

台風がやってくる!

2019 - 10/09 [Wed] - 09:00

大型の台風が近づいてきてます。
今週末には上陸するようで、心配ですね。

BCRNでも今週末の土曜日にペット博を控え天候をうかがっています。
今後の予定は、ブログなどにあげていきますのでチェックしてくださいね。


さてそんな中で、準備しておきたいことをあげておきました。





日本のそこかしこで起こる災害。
犬を飼う私たちには犬たちの防災にも関心があるのではないでしょうか?

先日ふと、「あれ…犬の防災用品ないじゃん…。」と気づいた私。
とは言っても何を用意する必要があるのかと言われると「…。」となる方も
多いのでは?
かくいう私もそうなりました。

いろいろリサーチした結果、こんなリストが出来上がりました。

必ず持っていく物

・療法食

・常備薬
 薬を服用している子は絶対必要ですので必ずいれてください。

・リード、首輪
 ボーダーコリーは中型犬ですから、キャリーケースに入れて避難できません。(重すぎて)一緒に避難するためには必須です。

・非常食(ドッグフード)、飲料水
 フードは最低5日、できれば1週間分用意してください。

・犬の写真
 飼い主と写ってる写真ならなお良いです。
 万が一はぐれてしまって見つかった時に飼い主であることを証明できます。

・ガムテープ
 ケージの補修など多用途に使用できます。

・愛犬手帳
 ワクチンの接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報を
 書いておきます。

・折りたたみの食器

できれば持っていきたい物

・ペットシーツ
 洗って繰り返し使えるものもあります。

・ウンチ取り袋

・タオル、ブラシ

・折りたたみのケージ

・ペット用ウェットティッシュ

・使い捨てシャンプータオル

・消臭除菌スプレー

ざっとこんな感じでしょうか。

もしこれも入れた方がいいんじゃないかとお気づきになった方はぜひそれも
持ち出し袋の中へ!

この日本はいつ災害が起きてもおかしくないので、寒くなってきたこの秋に
ぜひ万全の準備をしましょう!!

(環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドラインを参照しました。)

DSC_4033a.jpg





どうか台風がどっかに行ってくれます様に!!!
テルテル坊主を作らなきゃ!

でも環境のためにテッィシュでつくれない~(~_~;)
晴れたら再利用ね(*^_^*)






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN