FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > コラム  

台風がやってくる!

2019 - 10/09 [Wed] - 09:00

大型の台風が近づいてきてます。
今週末には上陸するようで、心配ですね。

BCRNでも今週末の土曜日にペット博を控え天候をうかがっています。
今後の予定は、ブログなどにあげていきますのでチェックしてくださいね。


さてそんな中で、準備しておきたいことをあげておきました。





日本のそこかしこで起こる災害。
犬を飼う私たちには犬たちの防災にも関心があるのではないでしょうか?

先日ふと、「あれ…犬の防災用品ないじゃん…。」と気づいた私。
とは言っても何を用意する必要があるのかと言われると「…。」となる方も
多いのでは?
かくいう私もそうなりました。

いろいろリサーチした結果、こんなリストが出来上がりました。

必ず持っていく物

・療法食

・常備薬
 薬を服用している子は絶対必要ですので必ずいれてください。

・リード、首輪
 ボーダーコリーは中型犬ですから、キャリーケースに入れて避難できません。(重すぎて)一緒に避難するためには必須です。

・非常食(ドッグフード)、飲料水
 フードは最低5日、できれば1週間分用意してください。

・犬の写真
 飼い主と写ってる写真ならなお良いです。
 万が一はぐれてしまって見つかった時に飼い主であることを証明できます。

・ガムテープ
 ケージの補修など多用途に使用できます。

・愛犬手帳
 ワクチンの接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報を
 書いておきます。

・折りたたみの食器

できれば持っていきたい物

・ペットシーツ
 洗って繰り返し使えるものもあります。

・ウンチ取り袋

・タオル、ブラシ

・折りたたみのケージ

・ペット用ウェットティッシュ

・使い捨てシャンプータオル

・消臭除菌スプレー

ざっとこんな感じでしょうか。

もしこれも入れた方がいいんじゃないかとお気づきになった方はぜひそれも
持ち出し袋の中へ!

この日本はいつ災害が起きてもおかしくないので、寒くなってきたこの秋に
ぜひ万全の準備をしましょう!!

(環境省 災害時におけるペットの救護対策ガイドラインを参照しました。)

DSC_4033a.jpg





どうか台風がどっかに行ってくれます様に!!!
テルテル坊主を作らなきゃ!

でも環境のためにテッィシュでつくれない~(~_~;)
晴れたら再利用ね(*^_^*)






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

犬の歴史 世界史2

2019 - 09/20 [Fri] - 09:48

久々に犬の歴史のお話です。

前回はエジプトのアヌビス神のお話をしましたが、
今回は古代ローマのころの歴史です。


ちなみに、アヌビス神はジャッカルの頭を持つ神で、ジャッカルはイヌ科の動物ですが、
そのアヌビス神が死者を守ってくれるらしいです。
古代エジプトの時代から犬は人を守るものと認識されていたようです。


さて、古代ローマといえば、コロッセオでのライオンと人間の戦いを想像しますが。
古代ローマでは、マスティフのような大型犬を軍用犬に用いていたようです。
闘う犬になりましたね。昔から人間は犬を軍用に使用していたなんて。いつの時代もかわりませんね。

アジアやヨーロッパなど人々の移動や交流が盛んになるにつれ
犬も共に連れて行かれて様々な土地で他の犬種と交配しさらに多くの犬種が生まれたようです。


そして、時代が進こむとより目的にあった犬が作出され
猟で活躍する犬、荷物を運ぶ犬、家畜を守る犬など使役をするための犬ができたようです。

中世ヨーロッパのころは王侯貴族が趣味で猟をするようになり
対象動物に合わせた猟をするのに最適な形や性格を持つ犬が改良されました。

そして多くの犬種ができたんですね。


われらのボーダーコリー族もそのあたりくらいに出現してきそうでうすね。
この話はまたおつぎの機会に。



68893877_2398651586878562_4826063667420200960_n.jpg








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

熱中症にご注意!!!!

2019 - 08/05 [Mon] - 09:28


今週はやたらに暑く夏本番になってきました。
先週まで割と過ごしやすく、週明けてからいきなり暑いので
体がついて行かず、体調をくずされる方も多いと思います。

また各地での熱中症による死亡事件も相次ぎ、
油断できない病気となってきました。
昨年は熱中症による死亡者数が600人以上でした。
あれほど注意喚起しているのに大勢亡くなっておられます。

熱中症は、注意していても起こってしまいがちなのですね。
特に物を言えぬ動物たちは、もっと気を付けてあげなければなりません。

暑い昼間には絶対に散歩に行かないとか
水を飲んでいるか確認するとか
水以外にも水分を摂れるようなゼリーや動物用経口保水液を与える
室温と湿度を管理する
元気と食欲があるかを確認する
嘔吐や下痢をしていないかを確認する
できれば外飼いではなく、おうちの中の一番涼しいところか
クーラーの一番効くところにおいてあげる
すこし精のつくワンコ用おやつなどあげる
などが必要です。

サマーカットをされるワンコも多いとは思いますが
一説によるとボーダーコリーのような毛質の子達は
オーバーコートの被毛で直射日光や暑さから
体表を守っているのでサマーカットしない方がいいとも言われています。
我が家では、その両方をとって
お腹だけサマーカットにしています。
見た目可愛いボーダーコリーで、裏は気持ちいいほどツルッツル。
乳首が出てきて可愛いです(*^_^*)



わずかの見落としで大切な命が奪われてしまう。
熱中症とは、大したことないと思えても
実は静かに忍び寄り突然に襲い掛かる
恐ろしい病気なのです。

飼い主さんもワンコもご家族一同楽しい夏を過ごしたいですね。




アンカー3

アンカー




イベントブログにも告知しましたが、8月12日月曜は
関西にてわんこいんで譲渡会とグッズ販売のイベントを開催する予定です。

関西近郊の方は是非ご来店お願いします。
また遠方からでも大歓迎です。
ワンコもお店に入れます。
ボーダーコリーを連れてゆっくりお話ししませんか?




『真夏のボーダーコリーカフェ onlyわんこいん』のお知らせです。

日時:8月12日(祝月)
時間:12時~16時
場所:バルミル
〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町2丁目1−18
  https://g.co/kgs/B6QMkP
  ※お車でお越しの方は近隣のコインパーキングへお願いします。
参加費:500円 (フリードリンク&プレゼント付)







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

犬の歴史 世界史1

2019 - 07/24 [Wed] - 09:37

久々に犬の歴史のお時間です。

犬と人との関わりはいつから始まったでしょうか?

それは、旧石器時代からという説があります。
旧石器時代とは、人間が狩猟をしながら定住を始める次第です。
定住した人間のそばで残飯をあさったりしながら
お互いに利用しあって人間とかかわってきたようです。


その歴史は約一万4千年前ぐらいのドイツにある遺跡によって確認されています。
人骨と共に犬の骨が発見されたのです。
人は、古くから犬を家畜とし大切にしていたことがうかがわれます。



そしてその関係は古代エジプトにおいて、犬を神格化するほどになっていきました。
家畜だった犬が神様??
当時は動物を神格化する流行りだったのでしょう。
イヌ科動物のジャッカルの頭を持つ冥界の神であるアヌビス神と
死者の間を仲介するのが犬と信じられてきました。
家畜化された犬は、神様まではいかなかったようですが
飼い主と共に埋葬され、神格化されていたようです。

古代エジプトではハウンド系の犬がおり、狩猟犬として活躍していたようです。
われらボーダーコリーのようなワーキングドッグはまだまだ出現しませんね。


このように、旧石器時代から古代エジプトの時代にかけて
犬は人間の相棒ような存在であったのです。

こんなに長く付き合ってきたんですね。





さて、お知らせです。


イベントブログにも告知しましたが、8月12日月曜は
関西にてわんこいんで譲渡会とグッズ販売のイベントを開催する予定です。

関西近郊の方は是非ご来店お願いします。
また遠方からでも大歓迎です。
ワンコもお店に入れます。
ボーダーコリーを連れてゆっくりお話ししませんか?




『真夏のボーダーコリーカフェ onlyわんこいん』のお知らせです。

日時:8月12日(祝月)
時間:12時~16時
場所:バルミル
〒545-0011 大阪府大阪市阿倍野区昭和町2丁目1−18
  https://g.co/kgs/B6QMkP
  ※お車でお越しの方は近隣のコインパーキングへお願いします。
参加費:500円 (フリードリンク&プレゼント付)







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

疥癬って?

2019 - 07/10 [Wed] - 09:59

朝からセミが鳴く季節になりました。



先日、メキシコに住む友人から相談がありました。
その相談というのも、「犬疥癬に罹っている子犬がいる。
旦那さんがこの子犬を家に連れて帰るという。
家には赤ちゃんがいて犬疥癬って人にうつるの?」

あらあ、メキシコにも疥癬いてるわねー。



疥癬とは、イヌヒゼンダニというダニが角質層に寄生し卵を産みます。
それにともない激しいかゆみと痛みを伴います。
これらは接触すると感染します。

そしてまさしく人にも感染します。


日本でもよく疥癬を聞くので、疥癬も馬鹿にはできない寄生虫です。
夏になれば野山や草原にたくさんのダニやノミがいます。
夏は散歩やキャンプ、ハイキング、BBQなど野外で過ごすことも多いので
そういった虫に寄生される確率も高くなります。

もし、寄生されたら、まずは
犬をつれて獣医師に相談しましょう。


是非、ワンコにはノミダニ駆除の駆虫薬を事前に予防して
出かけましょう。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN