FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > BCRNからのお願い  

皆様のご理解とご協力をお願いします!

2018 - 01/12 [Fri] - 09:00

・・・最近、立て続けに飼育放棄の案件が舞い込んでおります。

『・・・捨てるよりは』と思うのかもしれません。
『保健所=殺処分』よりは・・・と思うのかもしれません。

ですが。
BCRNも(他の保護団体も)どこも「キャパ・オーバー」でいっぱいいっぱいです。
助けてあげたい!
1頭でも多くの子を助けてあげたいのですが・・・「キャパ・オーバー」で悔しい思いをせざるを得ない状況です。。。

保護犬猫を預かれる「シェルター」を持っている保護団体は少ないので・・・おのずと、団体メンバーさんのお宅で保護・お世話することとなるのですが・・・
ほとんどの家が「住宅地の一軒家(マンション)」ですし、預かれる頭数も限りがあります。

どこの保護団体も、みなさまからのご寄付や賛同金、グッズの売り上げやサポーターの会費等で賄おうと頑張っておりますが・・・「焼け石に水」状態なのが現状です。

助けてあげたい、手を貸してあげたい一念で、サポーター達は頑張っておりますが・・・
BCRNも預かりさんが埋まってしまい、いつ「レスキューストップ」になるか・・・の勢いで増えております。

・・・何年も共に過ごしてきた愛犬を手放す・・・それぞれに事情はある事とは思います。
しかし!
腹立たしい事に・・・とても納得の出来ないような理由から手放そうとする方が急増しているのも事実です。。。

・・・どうして「その子」をお迎えしたのですか? 可愛かったから? 飼えると思ったから? 憧れたから?
何故、お迎えする前に「アレルギー検査」をしなかったのですか? 生活環境の変化が起こるのは予測不能でしたか?
お迎え時は「仔犬」でも確実に!大きくなりますよ? 躾けなければ何も解らないのですよ? その結果が噛む・吠える等でご近所からの苦情や飼い主さん自身を悩ませることとなるのですよ?
ワンコは十数年生きます。そのワンコが高齢になる時期に自身は気力も体力も十分ですか?
『年老いたら捨てる』のですか??? 高額な医療費がかかるから? 介護が大変だから? 


【犬を飼う】という事は、相当な時間と労力と経済力が必要となるのはご存知でしたよね?

DSC_0137.jpg


・・・【ワンコの命も大切な一つの命です】

・・・ワンコは、どんなひどい仕打ちを受けようと、劣悪な環境での飼い方をされても・・・『頼りになるのは飼い主さんだけ』なのです。

ですので、BCRNの保護犬の希望者様には・・・上記のような事を五月蝿いくらいに質問させていただく事があります。
(中には「プライバシーの侵害だ!」「捨て犬を貰ってやるんだから、五月蝿い事言わないで渡せ!」とおっしゃる方もいらっしゃるのが事実ですが)

無論、誰しも予測不能の事態はあるかとも思いますが・・・
今や、あまりに多い「飼育放棄」の為に、保護団体のみならず、保健所(愛護センター等)からの引き取りも、かなり厳しくチェックされるようになりました。
(全国各地の保健所情報などをチェックしてみて下さい。 おそらく購入時は「血統書つき」であったであろう純血種のワンコでいっぱいです・・・)


出来る事なら。

可能な限りの愛情を注いであげれて、病める時は必要な手当てをしてあげながら、一緒に年月を過ごし・・・
老いて迎えるその日には『有り難う』と言葉をかけて家族で見送ってあげれるような飼い方をしてほしいと切に願います。。。

201305070730000.jpg


どうか。
どうか『手放す前』に今一度、「その子」をお迎えした日を思い出してあげてください。。。
真っ直ぐに、なんの疑いも無く飼い主さんを見上げたキラキラした瞳を思い出してあげてください。

imgCAW1MS4C_201405281002213ac.jpg


抱きしめた温かなぬくもりと安堵感、一生懸命に尻尾を振って『大好き』って見上げる子を手放す前に・・・

もう一度。 じっくりご家族で話し合っていただければと・・・切にお願いしたいとおもいます。




BCRNでは、引き続き「全国地区」でのサポーターさんを募集しております。

※何をすればいいのか?
※自分にもできるのか?
※預かりなんて出来そうにない・・・。

いいえ!
BCRNのモットーとして・・・『出来る時に、出来る人が、出来る事を』です!
出来ない事をやろうとしても難しいですよね?
無理に嫌々やるのは・・・ボランティアじゃないですよね?
サポーターさんのお仕事としては・・・別記事でもご紹介させていただいております。
(『サポーター募集中』 をご参照ください)

もし!
「自分にも出来るかも?」と興味を持っていただけましたら!
まずは問い合わせからでもかまいません!
是非、ボーダー達の為に皆さまのお力をお貸しいただければと・・・
ご協力を心からお願い申し上げます。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ボーダーコリーは室内飼育を

2017 - 12/15 [Fri] - 09:00

この時期、我が家のボーダーコリーの抜け毛がとっても激しいです。
ブラッシングをしてもしても抜けるわ抜ける。
毎日朝晩と掃除機をかけても追いつかない程、部屋の片隅に毛玉が転がっています。

またパピー時代は突然にスイッチが入り、家の中を爆走。

IMG_1064_2017121319414753d.jpg

疲れると電池切れでバタン。 

IMG_1120.jpg

 しかし10分ほどで充電完了。
お散歩デビューまでは家が壊れそうでした^^;

決して室内飼いに向いている犬種とはいえませんがそれでも、私は、室内飼いをオススメします。

BCRN保護犬の新しいご家族様にも基本的に室内飼いをお願いしております。



その理由は以下の通りです。(ボーダーコリー.comさんの記事より)

まず、犬自身の幸せという点から、室内飼いをオススメします。
犬は、狼の一種です(狼と犬の明確な区別は難しいそうです)。
それゆえ、群で生活することを好む動物です。
したがって、孤独であることを嫌います。
ずっと孤独に生活をしている犬は、幸せにはなれません。
ですので、できるだけ飼い主と接する機会の多い飼い方が望ましいのです。
つまり、室内飼いこそが、犬が幸せを感じる飼い方なのです。

IMG_1701_20171213202023831.jpg

次に、飼い主にとっても、室内飼いは魅力的です。

ボーダーコリーは非常に知能の高い犬です。
人間の2歳児~3歳児程度の知能は持っていると言われています。
したがって、人と触れ合う機会が多い犬ほど、人間の言葉を理解する傾向にあります。

例えば、四六時中家族と一緒にいる犬は、
家族が自分の悪口を言っていることを理解できるといいます。
そのため、「あいつももう年だな。もうろくしてきたな。」なんて会話を聞いて、
シュンとなってしまうなんて報告もあるくらいです。

P1030375.jpg

したがって、人間の会話を聞く機会の多い室内飼いだと、
人間の言葉を理解できる犬になる確率が高まります。
そして、人間の言葉を理解できるようになると、
飼い主と犬の生活はより充実したものになります。

したがって、飼い主にとっても、室内飼いはオススメなのです。

室内飼いで苦労する犬だとは思います。
しかし、室内飼いをすると、その苦労を補って余りある、
楽しい思い出を提供してくれる犬種であると思います。

DSC00421.jpg




しかし、ご家庭の事情でどうしても家の中での飼育は困難と言われるお宅もあると思います。
そんな時は、例えばリビングの延長のベランダなど、室外でも常にご家族の気配が感じられる場所などに犬舎を置くなどして
自分は1人じゃ無いんだと感じさせてあげたいと思います。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

新しい家族になるには

2017 - 12/01 [Fri] - 09:00

BCRNにて保護中のワンコ達の「新しい家族になるには、どうすればいいですか?」などの質問が多々寄せられるので・・・
『新しい家族になるには?』の流れをご紹介させていただきます。


まずはBCRNのHP(トップページ)にて、「保護中のワンコ達」をご覧いただけると思います。

赤文字で新しい家族募集中!と表記してある子が、エントリー可能の『家族募集中』の子です。

リーオ

エントリーにはトップページ(同じページ)の「新しい家族募集の流れをじっくりとお読みいただいて、「新しい飼い主申込みアンケートフォーム」より、エントリー頂くこととなっております。
(エントリー後の返信には、係りの者が多忙な場合もあり、お返事が遅くなることもありますが、必ず!ご返事・ご連絡をいたしますので、お待ちいただければ・・・と、思います<(_ _)> 絶対に!『先着順』ではございませんので、ご了承ください。 なお、BCRNよりのmailが届かない場合も多々ございますので、メール受信状況をご確認いただければと思います)


ですが、エントリー頂いたからといって、決して先着順とかではなく・・・

家族構成や、お留守番の時間帯や家庭状況などを、預かりさん達と相談して・・・
「お留守番のある時は吠えが酷いと近所のご迷惑にならないか?」とか
「子供が苦手だから、小さなお子様の居る家庭にはお伝えしないと・・・」とか
「まだまだ人間と一緒に暮らすのにお勉強が必要だから、訓練所などに行った方がいいかも?」等々、いろいろ顧慮し、そのご家庭に合うかどうか、ご相談させて頂いております。


ですので、まずは『エントリー』をお願いしております。


エントリー後、希望者様とご相談の上で、双方の意見が一致し「トライアルに進みたい」となると・・・『面会』です。

rinnta

『面会』には、基本、保護犬が居る地区までご家族で足を運んでいただくこととなります。
(詳細は、希望者様とご相談となります)


『面会』で、希望者様が「ぜひ、トライアルに進みたい」・・・となると、『環境調査』があります。

『環境調査』は・・・保護犬が新しいご家庭で生活するにあたって、注意したほうがいいのでは?という個所などを改善していただけるよう、直接BCRNサポーターがお邪魔して、ご相談させていただいております。
(「犬は飼ったことがある(飼っている)」お宅でも、保護犬の中には脱走や悪戯するワンコもおりますので、住人が気が付かなくとも、第3者だと気付く点も多々あったりします。ボーダーは・・・新しい環境は興味津々、好奇心旺盛?脱走なんてお手のもの♪ですから・・・)


『環境調査』が終了したら・・・『トライアル』開始です。

『トライアル』とは・・・簡単に言えば「お互いを知る期間」です。 
ある程度成長してるワンコが、いきなり知らないお家に行って・・・我儘になったりしないか? お留守番中に吠えが酷くてご近所のご迷惑にならないか? 先住ワンコちゃんが居るお宅では、先住ワンコちゃんとの相性や様子は大丈夫か?などを実体験を通して生活していただきます。(基本、2週間~となっております)

2週間後『大丈夫!うちの子として暮らしていきたい』と、ご家族全員のお気持ちが決まれば、晴れて『新しいお家のワンコ』となります。。。


(無論、正式譲渡後であっても、困り事や悩み事、心配事のご相談には誠心誠意、対応させていただいております)

・・・以上が、「新しい家族になるには」・・・の、流れです。

uliru.jpg



ほとんどの保護犬には、私たちが知らない『前の生活』があり・・・少なからず、トラウマ的なものがあります。
(放浪の挙句保健所に収容された・・・などは、典型的でしょう)

そのような面を、預かりさん宅にてケアしてもらいながら、新しい家族を待ち続け・・・

その期間中に、行動パターンや性質などを観察し、新しいご家族と一緒に楽しく過ごせるよう熟慮しながら、
一日も早く卒業できるように、メンバー一丸となり頑張っております。。。

無事、卒業して行ってたワンコ達には、私達サポーターも、並々ならぬ想いがあります。。。

 「新しい家族と、どうか末永く、幸せに・・・」

・・・そう願いながら、サポーター達も、頑張ってます。。。

どうか、BCRNの保護犬達に、新しいご家族との「赤い糸」が繋がっていますように。。。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


BCRN 新年度のお知らせです。

2017 - 06/05 [Mon] - 10:00

BCRNからみなさまへののお知らせです。

すでに今月も始まっておりますが、BGRN では毎年6月を サポーター登録の更新月 としています。

これまで同様ご参加いただく方々にも更新の手続きをお願いしています。
(すでにサポーターとしてご登録の方は、当ページ右下の”BCRNコミュニティ SNS よりログインしていただき、代表からのメッセージもご覧ください。)


と同時に今月は 新年度の開始月です。

もちろん月単位からの参加も随時受け付けています。

サポーターの活動内容、また登録に関しては
こちらをご覧下さい
BCRNサポーターへの登録について





bnr_bcrn.gif


『幸せなボーダーコリーを一匹でも多く増やす為にできることを・・・』

BCRNは全てのボーダーコリーが幸せになる事を目的とした非営利のネットワークボランティア団体です。

私達と一緒にBCRNの活動にご協力・ご賛同いただける方、あなたのご参加をお待ちしています。



もっともっとたくさんのボーダーコリーを笑顔にしていきませんか?







サポーターってどんな活動をすればよいの?
ボーダーコリーのために何かをしたいと思うのだけれどどうすればよいのかわからない。
・・・そんな方はいらっしゃいませんか。

まずはお気軽に参加してみて下さい。

むずかしいことはありません。

保護犬の預かりでなくても、他にもできることはたくさんあります。

ひとりひとりができることからでよいと思います。

そしてそれがあなただからできる大きな力になってゆくのだと思います。


------------------------------------


みなさまのおかげで、BCRN のネットワークは紡がれ、その成果を結んでいます。

しかしその網は、未だすべてをすくい上げることはかないません。

これにはセーフティネットとしての役割の他にも、ボーダーコリーに関する理解を深める活動も大切です。

レスキューというものが相対的に少なくなっていくためにも、これらは車の両輪の働きのようにどちらかが欠けてもままならないことです。

そして、そのすべてにおいてまだまだ行き届かないのが現状です。


例えば、現在もサポーターがいない地域があります。

また、もはや慢性的となものともなっている預かりの不足もあります。

まだまだ充分とはいえないネットワークを密にし、より強固なものとしていけるのはあなたの力だけです。



現在、なんらかの理由によってレスキューから離れてしまっている方々もいらっしゃると思います。

どうか再びその一歩を踏み出してみていただけませんか?


BCRNへのご参加を心よりお待ちしています。


(具体的な活動内容の一部をこれまでにも当ブログでご紹介しています。ご参照下さい。)


よろしくお願いいたします。










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

急増しています。シニア犬の放棄

2017 - 03/10 [Fri] - 09:06

相変わらず全国的にボーダーコリーのレスキューが必要な状況が続いています。

そして収容された彼らのなかに、シニアとよばれる犬たちの割合が高まってきています。

ボーダーコリーは中型犬ですから一般的には7歳からそう呼ばれると言われます。

実際の彼らを知るものにとってはまだまだ元気で若くある年齢でもありますが、人間でいうところの体の切り替え時の年齢に相当すると考えれば、とても大切な時期であるとも言えるでしょう。

あふれんばかりの活力も落ち着き、知性や心も円熟味をもった彼ら、犬と暮らしたことのある方ならご存じでしょうが、実はパピーの頃とはひと味もふた味も異なる本当の可愛さというものを私たちに伝えてくれる存在でもあります。
ラン

でも、そんな彼らを手放そうとする人がいます。

BCRNの各地区担当者へは、収容された様子が伝わってきます。
もちろん一般の方が行政によって公開されたホームページ上でご覧になるものと同じものもありますし、そのほか連絡を受け接見した際に撮影したものもあります。
ここでそれらを見ていただくことはできません。
かれらの目や様子が語っているものをこうして文章でお伝えすることしかかないません。
その思いを知って欲しいと思います。

この命をなんとか繋ぎ止めたいと思うのです。

ですが、今BCRN内の預かりはほぼ手一杯の状態です。
懸命に内部での受け入れ先を模索もしていますし、現在までの窮状をふまえ外部預かりさまへご協力をお願いもしています。

しかし、期限の迫った犬たちもいるなか、受け入れ先を更に求めざるを得ない状況となっています。

シニアを多く含む収容犬が止まりません。
このままではこうした事態だけは避けたいと願っている「レスキューストップ」という状態に陥ってしまいます。
Dc231.jpg

ぎりぎりのところまで私たちBCRNは努力を続けます。

その上で更なるお力添えをお願い申し上げます。

どこかにあなた自身を含めて預かりをご検討いただける伝手はお持ちではありませんか?

よろしくお願い致します。

そしてこうした直接的なお願いと併せてもうひとつだけ。

ブログ記事でも取り上げさせていただいたようなものからでも、少しずつ人の意識も変わっていっているのだと信じたく思います。

ボーダーコリーと暮らしている皆さん、なにかの折にでもかまいません。

ボーダーコリーに興味を持っている方々とお話しする機会があると思います。

彼らのよいところに加え、それなりの心構えも必要な犬種であることもお話ししてあげてください。

そしてボーダーコリーとともにありながらも悩んだり迷っている方々も周りにいらっしゃるかもしれません。

そんなときは誰かに頼ることも決して自分の弱さではないことを知って欲しいと思います。

べに3


今とこれから先に向けて、、

すべてのボーダーコリーのしあわせに続く道への第一歩だと思います。

そんな意識をあなたの力で広めていってください。

心よりお願いさせていただきます。



(お知らせ)
春はイベントが盛りだくさんです。
ブログ左側のリンクバナー「イベントのご案内」からご覧ください。
皆様のお越しをお待ちしております。





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN