FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > おすすめ  

ボーダーコリーが出てくる映画

2019 - 02/18 [Mon] - 09:00

お久しぶりにボーダーコリーが出てくる映画です。

主人公ではありませんが、映画自体なかなか良い映画です。

ホテル・バディーズ ワンちゃん救出大作戦

18877.jpg


製作国:アメリカ / 上映時間:100分
ジャンル:コメディ

監督
トール・フロイデンタール
脚本
ジェフ・ローウェルロバート・スクーリーマーク・マッコークル
出演者
エマ・ロバーツジェイク・T・オースティンカイラ・プラットリサ・クドローケヴィン・ディロンドン・チードルイヴェット・ニコール・ブラウン

解説

白くてふわふわした愛犬、フライデーを秘密で飼っているアンディとブルースの
姉弟。でも、2人が住んでいるおじさんとおばさんの家では、ペット厳禁!

フライデーをかくまえる場所を探していた2人が、今はもう使われていない
ホテルにおそるおそる足を踏み入れると、そこには、行き場をなくした
のら犬たちが集まっていた!

発明が得意なブルースを中心に、ワンちゃん専用トイレ、トレーニング
マシーン、ベルトコンベア式食事機などが開発され、荒れ果てていた
ホテルは、犬専用の夢のホテルに変身していく。

しかし、どんどんホテルに集まってくる犬たちが警察に
見つかってしまい・・・!?

たくさんの種類のい犬が登場します。更に犬の演技が見ものです。

泣いたり笑ったりと楽しめる映画だと思います。

お暇があればぜひお勧めの一本です。

EF92A94A-360A-4575-B895-0FA8948B935Ca.jpg

何を考えているのかわからない犬





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


犬の民話シリーズ7

2019 - 02/01 [Fri] - 12:21

むかし、むかし、あるところに一人の娘が住んでおった。

娘はお蚕さんを飼って、糸を取って暮らしを立てていたと。

ある年のこと。お蚕さんが思うように育たなかったと。沢山飼って
いたのに、ひとつ死にふたつ死にして、とうとうたった一匹になったと。

一匹ばかりではしょうがないと思ったが、娘は、残った一匹がむしょうに
可愛いくなって、それを大切に大切に育てたと。

そしたら、それがよく桑の葉を食べ、日毎日毎に育って、
今まで見たこともないほど大っきなお蚕さんになった。 

ある日、その大お蚕さんを表に出していたら、家に飼っている白犬が
それを呑み込んでしまった。  

娘がお蚕さんに桑の葉をやろうと、ちょっと目を離したすきの出来事で、
止めるひまもなかった。

娘は、たんせい込めた、たった一匹のお蚕さんを失って暮らしの張りが
無くなってしまった。来る日も来る日も泣いてばかりいたと。 

そんなある日、白い犬がしきりにくしゃみをしている。

娘が犬のそばへ行き、犬の鼻が乾いていないかどうかみようとしたら、
その鼻の両穴から白い糸が少し垂れていた。

まるで繭の糸のように見える。不思議に思って、糸のはしを引いてみたら、
二筋ともどこまでも長く続いて出てきた。

およそ四、五貫ほども巻きとったらようやく終いになって、
そのとたんに、犬はパタッと倒れて死んでしまった。

娘は、先にお蚕さんをみんな失くし、今度は飼い犬を亡くして、泣いて泣いて
泣き疲れてその場で寝てしまった。

そしたら夢の中に飼い犬が現れて、
「悲しまなくていい。わたしを裏の桑の木の下へ埋めて下さい。そしたら来年、
きっといいことがあります」 という。

目を覚ました娘は、夢で告げられた通りに犬を家の裏の桑の木の下に
埋めてやったと。

翌年、桑の木の下から、お蚕さんが自然に生まれて、桑の葉にたくさん
とりついていたと。 

娘はたんせい込めて育てたので、やがて繭をつくり、よい糸がとれて、
くらしに困らなくなったと。

島根県の民話です。

IMG_1630a.jpg

若い娘的な犬






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

たくさんの温かいご支援に感謝いたします。

2018 - 12/28 [Fri] - 09:00

早いもので、もうあと数日で新しい年を迎えようとしています。

今年もたくさんの方からの温かいご支援を頂戴いたしました。

新しく保護された子や新しい家族に迎えられた子たちも、皆さまのご支援が
あるからこそレスキューされています。

これからもすべてのボーダーコリーが幸せになるために、BCRNは活動して
いきたいと思っております。

まずは本年度のご支援・ご協力いただきました方々に心より感謝・お礼させて
いただき、来年も引き続きご支援・ご協力よろしくお願いいたしたく思います。

どうか皆さま、良いお年をお迎えください。

DSCF8958a.jpg

新しい年に胸膨らませるボーダーコリー

そして新年のお知らせです。

来年!2019年1月5日(土)合同ふれあい譲渡会を開催!

http://www.pdt.or.jp/

IMG_1612-768x576_convert_20181227231133.jpg

来年2019年1月5日(土)に、

ボーダーコリーレスキューネットワーク関西支部様と

ラブファイブ様で保護されているわんちゃんが里親探しにやってきます!

是非お越し下さい!

ステキな家族とご縁がありますように♡

お時間ございましたら是非お越しください。





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

パイレーツ・オブ・ボーダーコリーPirate of Border Collie

2018 - 12/14 [Fri] - 09:00

今年も後わずかとなってしまいました。
急に寒くなって体が追いつかないですね・・・

今回はボーダーコリーのルーツを探ってみました。

みなさんご存知とは思いますが、ボーダー・コリーはイギリス原産の犬種です。

8世紀から11世紀にかけて海を荒らしまわった海賊「ヴァイキング」が、
スカンジナビア半島からイギリスに持ち込んだ、トナカイなどの牧畜に
使っていた牧畜犬がボーダー・コリーのルーツではないかと言われています。

Prizvanievaryagov.jpg


その後、イギリスの在来犬との交雑を繰り返して現在の姿となり、世界各地で
牧羊犬として活躍しています。

「ボーダー」という名前は、原産地がイギリスとスコットランド、イングランド
とウェールズの国境(ボーダー)地域であることが由来となっているそうです。

「コリー」の方はと言うと、古代ゲール語で「役に立つ」という意味の
言葉からきたと言う説や、コリー種という顔の黒い牧羊犬だったからとも
言われていますが、詳しいことはわかっていないようです。

ボーダーコリーはヴァイキングの犬だったんです!!

ヴァイキングとパイレーツの違いって知っていますか?

パイレーツは普通名詞、海賊のことです。

ヴァイキングは固有名詞で8世紀から10世紀に北ヨーロッパから
西ヨーロッパにかけて沿岸を襲ったスカンジナビアの海洋民族の1つです。

わかりやすく言うと、パイレーツをしていたヴァイキングという民族です。

ボーダーコリーってなんだかいつもワクワクさせてくれる犬種です。

ヴァイキングの連れていた犬が先祖だなんてちょっとかっこよすぎますよね!!

DSCF8803a.jpg

ヴァイキング気分のボーダーコリー

引用・転載 : フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3
%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

Petpedia(ペットペディア) https://petpedia.net/article/147/border_collie





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

愛犬と一緒に雪遊び♪

2018 - 12/10 [Mon] - 09:00

童謡『雪』にも「犬は喜び庭駆けまわり」と犬は雪が好きであることがわかるフレーズがあります。
寒さの苦手な犬種もいますが、多くは普段見慣れないふわふわの雪に大はしゃぎするのではないでしょうか。
寒さで家に引きこもりがちになってしまう冬。人も犬も運動不足解消に、休日は思い切って雪遊びをしに出掛けてみてはいかがですか? 

雪遊び1
                スノードックランにて
雪が降る地域は多いですが、ふわふわの雪が積もる所は多くはないと思います。
せっかくなら、愛犬のはしゃぐ姿を見てみたいですよね! 
犬に雪遊びをさせてあげられるのはドッグランだけではありません。スキー、スノーシューをはいてのスノーハイキングも楽しめるんです!

スノードッグラン
雪が積もる地域では、スノードッグランと題していつもとは違う楽しみができるのが魅力です。自由に思いっ切り走れるドッグランならではの愛犬の表情や姿が見られること間違いなし! しかし、場所によっては積雪で囲いの高さが低くなっているということも考えられますので、事前確認をオススメします。
DSC01193.jpg
                       スノードックランにて


スノーシュー(スノートレッキング)
「スノーシュー」とは一般的には雪道を歩きやすくする道具です。最近ではその歩行器具を付けて雪道をお散歩すること自体をスノーシューと呼ぶこともあるようです。愛犬と一緒に参加できるツアーなどが増えてきていますのでぜひ一度お試しください!
P2110044.jpg

スキー
スキー場はペット禁止とされていましたが、少しずつペットOKなスキー場が増えてきました。愛犬と一緒にリフトにも乗ることができるなど、スキー好きな飼い主さんには嬉しことですね! 他のお客さんもいますので、マナーを守って楽しみましょう。


雪遊びの注意

☆はぐれないように注意
雪山やドッグランなど、周りに人がいないからと油断していると愛犬とはぐれてしまいます。
積雪した場所は、岩や植物といった障害物が雪に埋まってしまうため、走り出した犬のスピードを制御するものがありません。
ドッグランであっても場所によっては積雪により囲いの高さが低くなって飛び越えやすくなってしまっていることも考えられます。
普段なら、名前を呼んで追いかければ犬が気付いて止まってくれるかもしれません。
しかし、普段から呼び戻しが完璧であっても見慣れない雪に興奮した犬に飼い主さんの声が届くか、また深く積もった雪では走って追いかけるのは困難です。
周りの人や安全に注意して遊ばせること、犬を離せない場所では、リードを必ずつけるようにしましょう。
 (以上は「ペットとの暮らしを素敵に楽しく」のPETOKOTOさんから引用させていただきました。)

これから本格的な冬がやってきますが、是非愛犬と一緒に冬を楽しんでくださいね。


BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN