FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ > 未分類  

夏のお散歩は要注意!

2019 - 07/22 [Mon] - 09:00

最近、ムスメのお供で色んな観光地に行きます。

今日も京都へ・・・

天気予報は降水確率60%で曇りのち雨。

だったはずなのに、時々晴れ間がのぞき日焼けをしてしまいました。

で、本題です。

愛犬を連れて観光地を回ってる方がいました。

犬種はコーギー、地面に近いのでなかなか暑かったはず。

で、なんと緩やかではありますが坂道をダッシュ!?

あまり若そうな感じの犬ではなかったし、何度も・・・

見ててハラハラしました。
fesuta1.jpg

夏の京都、湿度も気温も高かったはず。

地元の方で日常的にそこを散歩されているのならいいのかも知れませんが

明らかに観光客の方でした。

家や車でお留守番が可哀想という気持ちは理解できますが

もう少し犬の立場になって考えてあげたほうがいいような気がします。











BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

シニア世代のペットとの関係

2019 - 07/08 [Mon] - 09:00

人は年を取ります。
飼主の高齢化により、ペットを飼育していくことにに悩みを抱えているのではないでしょうか。
シニア世代になっても、ペットと楽しく、安心して暮らしていきたい。

そんな方のためのヒントをご紹介するパンフレットがあります。

東京都が、ペットと暮らすシニア世代の方のためにパンフレットを作成したそうです。
20q2g200_01.gif

このパンフレットは、福祉保健局健康安全部環境保健衛生課(都庁第一本庁舎21階南側)もしくは東京都動物愛護相談センター
で入手できます。

または、東京都のHPページからダウンロードができます。

ご興味がある方は、いかがでしょうか。








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

梅雨があけるといよいよ夏本番!

2019 - 06/24 [Mon] - 09:00

暑い季節の到来です!!プールに海、川、渓流でのキャンプなど、水遊びが楽しみですね。

愛犬家の皆様もおそらく、ワンコ連れでのお出かけを計画されているかと思います。
今日はそんな水辺のお出かけ前に、頭に入れて置いて欲しいお話しを致します。

「低ナトリウム血症」、通称、「水中毒」についてです。

水中毒とは
抗利尿ホルモンの分泌過剰などのため、体内に水が過剰に停滞し、体液が薄められて浸透圧が低下した状態。
ナトリウム値が低下している状態なので、ナトリウムを補う点滴や、脳浮腫を改善する薬を投与、また体内にたまった水分を出すために利尿剤などを投与することで、症状を改善することができます。

これは決して人間だけにおこるものではなく、犬にも当てはまります。
水面や水底になげたボールや棒などを面白がってぱくぱくくわえに行くワンコ。
ホースや水鉄砲から出てくる水と延々と戦おうとするワンコ。
見ていて面白いしかわいいし、おそらく本犬も楽しんでいると思われますが、これ、危険です。

短時間に大量の水分を摂取することによって、体内の液体成分がバランスを崩してしまいます。
症状として

歩けなくなる、すぐに伏せてしまう、ふらつくなど、足元にくる。
多量のヨダレを垂らす、息苦しそうにする、嘔吐する。
めがおぼつかない、あけられない。
歯や肉球が真っ白になる。

などがあげられます。
こんな症状が見られた場合即刻病院に行ってください。
遅れると確実に命の危険にさらされてしまいます。

ご自分の愛犬が水大好き!!な子ならば、ついつい長時間遊んでしまいがちですが、こまめに愛犬の様子を確認し、適度に休憩させながら遊んであげてください。水を飲みすぎないよう、注意してあげてください。
せっかくのレジャー、せっかくの夏の思い出が命に関わる危険にさらされないように。

d820ca84d8d2e05725ae723f964f5c1c_s.jpg

また、遊びに行かれる先では、犬が急に体調を崩すことも考慮して。。。
レジャーでは、
ハチに刺されるかもしれない、
水辺で溺れてしまうかもしれない、
流されて危険な状態になってしまうかもしれない
火に近づいてやけどするかもしれない・・・などなど
沢山の危険と隣り合わせです。

常に愛犬に気を配ってあげてください。
こまめな休憩を心がけましょう。
車内などへの放置は厳禁です!!!!!
旅行先の緊急の病院を調べていく、
かならず迷子札を付けていったり、
リードを二重にしたり、

いつも以上に気を付けて、たのしい夏にしてくださいね!!






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

お出かけ時の注意事項

2019 - 06/10 [Mon] - 09:00

各地で梅雨入りし、ちょっとした晴れ間にお散歩やお出かけしたり

いろいろな場所へと足を延ばしたくなりますね!

今日はこの季節、ちょっとだけいつもより愛犬に気を付けてあげたいことを書いてみます。

ノミ、マダニに注意!!!

気温が上がってくるとノミやマダニが活発に活動し始めます。人間と同じですね
ノミに食われると、患部に激しいかゆみを覚え、ワンはかきむしります。そこから皮膚が炎症を起こしたり、アレルギー皮膚炎になることもあります。また患部をかゆみから嚙んでしまうことによって口から体内にノミが入ってしまうと、ノミの体内で生育されている犬条虫という寄生虫に寄生される恐れも。
犬条虫は、下痢や嘔吐、貧血といった症状を引き起こします。肛門の周辺や便に白いきゅうりの種のようなものがついていたら、犬条虫の可能性が高いです。すぐに病院に連れていきましょう
そして、大量に寄生されると貧血になる恐れも!!

小さいですが危険な奴ら、ノミ・マダニから愛犬を守るには、常に清潔に保つことが重要です。
こまめにシャンプー、散歩後は必ずブラッシングをし、ベットやカーペットはよく洗濯し、コロコロをかけたりしましょう。
 
風邪に注意!!!

暑い日もあるのに今風邪??とお思いかもしれませんが、気温差が激しいと風邪をひきやすくなります
深夜、早朝、日中と気温差が激しいのでお留守番ワンたちの温度調整には気をつけてあげましょう。
特にシニアワン、慢性的な病気を持つワンなどは注意が必要です。


抜け毛に注意!!!

春から始まっている換毛期。
冬毛から夏毛へ。 ビックリするぐらい抜け毛が多くなり大変ですね。
この時期はこまめに丁寧にブラッシングして、
スムーズに生え変われるように手助けをすることが大切です。


18197590_745797185589472_1741099234_n.jpg

バーベキュー、ハイキング、キャンプ。。。
春は大好きなわんこと楽しみたいことが沢山でワクワク
ですが、イレギュラーな場所ではやけど、脱走、他犬とのトラブルなども多くなります。
どうぞ飼い主さんが気を配り、楽しく過ごせるようにしてあげてくださいね








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

春はどこへ?

2019 - 05/27 [Mon] - 09:00

急に夏が来たような気候で、

留守番の犬達のために

あわててエアコンを点けた我が家です。

暑くなると気をつけないといけないのは・・・

熱中症ですね。

人間ならそれこそ自分でエアコンをつけたり、水分を摂ったりと

調整できますが、ワンコたちはそうはいきません。

以下は以前当ブログで掲載した「熱中症」の記事です。

万が一ワンちゃんが熱中症になってしまった場合、

下記を参考としてみて下さい。

IMG_3007.jpg

<画像のワンコは涼んでいるだけで、熱中症ではありません。>


1.熱中症の症状
急激な体温の上昇(40℃以上)のため、口を大きく開けて、
ハァハァと息苦しそうに呼吸をしたり、よだれを大量に出すほか、
悪心や嘔吐、下痢をしたり、一時的にふらついて倒れてしまうことがあります。
さらに、目や口腔粘膜の充血(赤レンガ色、やや暗めの赤色)が起こってきます。

2.熱中症がさらに進行した場合

虚脱や失神、筋肉のふるえが見られたり、意識が混濁し、
呼びかけにあまり反応しなくなったりします。
さらには、完全に意識がなくなったり、全身性のけいれん発作を
起こしたりすることもあります。症状がかなり進行すると、
吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状が見られたり、
酸素をうまく取り込めずチアノーゼが見られたり、
最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。


愛犬に熱中症のような症状が見られる場合は、
次のような応急処置を行ってください。




【意識がある場合】

 一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切
涼しい場所に移動させ、水が飲める状態であれば、
水をたくさん飲ませて水分補給を行います。
スポーツドリンクなどがあれば、それを水で2倍くらいに割って
飲ませるのが効果的です。そして、冷水で濡らしたタオルを体
(頭やわきの下、内股のつけね)にかけたり、風呂場や流し台で
体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが重要です。
また、体温は下げずぎないよう、こまめに体温測定を!
39℃まで下がったら冷やすのをやめて、
なるべく早く病院に連れて行き、獣医師の診察を受けましょう。

【意識がない場合】

 身体を冷やして一刻も早く病院へ
冷水を体全体にかけるなどして急いで体温を下げる処置を
行いながら動物病院と連絡を取り、
一刻も早く動物病院に連れて
行きましょう。
意識がないことに慌てて、応急処置を何もせずに病院へ向かえば、
途中で症状が悪化しかねません。

まずは体を冷やしてあげることを
忘れないようにしてください。

                      (pet well)より、引用

体温を下げて症状が落ち着いたからといっても、
油断は禁物です。
見た目は平常に戻っていても、
体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性があります。
必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。
熱中症を予防するには、
こまめな水分の補給と
暑い場所、暑い時間を避けることが大切です。

これから夏本番!
楽しい夏を過ごす為にも
ちょっとした配慮を忘れなければ
安心してお出かけできますね!








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN