BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ  

知っていますか、水中毒

2017 - 07/26 [Wed] - 09:00

暑い季節の到来です!!プールに海、川、渓流でのキャンプなど、水遊びが楽しみですね。

愛犬家の皆様もおそらく、ワンコ連れでのお出かけを計画されているかと思います。
今日はそんな水辺のお出かけ前に、頭に入れて置いて欲しいお話しを致します。

「低ナトリウム血症」、通称、「水中毒」についてです。

水中毒とは
抗利尿ホルモンの分泌過剰などのため、体内に水が過剰に停滞し、体液が薄められて浸透圧が低下した状態。
ナトリウム値が低下している状態なので、ナトリウムを補う点滴や、脳浮腫を改善する薬を投与、また体内にたまった水分を出すために利尿剤などを投与することで、症状を改善することができます。

これは決して人間だけにおこるものではなく、犬にも当てはまります。
水面や水底になげたボールや棒などを面白がってぱくぱくくわえに行くワンコ。
ホースや水鉄砲から出てくる水と延々と戦おうとするワンコ。
見ていて面白いしかわいいし、おそらく本犬も楽しんでいると思われますが、これ、危険です。

短時間に大量の水分を摂取することによって、体内の液体成分がバランスを崩してしまいます。
症状として

歩けなくなる、すぐに伏せてしまう、ふらつくなど、足元にくる。
多量のヨダレを垂らす、息苦しそうにする、嘔吐する。
めがおぼつかない、あけられない。
歯や肉球が真っ白になる。

などがあげられます。
こんな症状が見られた場合即刻病院に行ってください。
遅れると確実に命の危険にさらされてしまいます。

ご自分の愛犬が水大好き!!な子ならば、ついつい長時間遊んでしまいがちですが、こまめに愛犬の様子を確認し、適度に休憩させながら遊んであげてください。水を飲みすぎないよう、注意してあげてください。
せっかくのレジャー、せっかくの夏の思い出が命に関わる危険にさらされないように。

d820ca84d8d2e05725ae723f964f5c1c_s.jpg

また、遊びに行かれる先では、犬が急に体調を崩すことも考慮して。。。
レジャーでは、
ハチに刺されるかもしれない、
水辺で溺れてしまうかもしれない、
流されて危険な状態になってしまうかもしれない
火に近づいてやけどするかもしれない・・・などなど
沢山の危険と隣り合わせです。

常に愛犬に気を配ってあげてください。
こまめな休憩を心がけましょう。
車内などへの放置は厳禁です!!!!!
旅行先の緊急の病院を調べていく、
かならず迷子札を付けていったり、
リードを二重にしたり、

いつも以上に気を付けて、たのしい夏にしてくださいね!!






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

ボーダーを飼うならこんな本 パート2

2017 - 07/24 [Mon] - 09:00

すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

私が大好きな漫画本を紹介します。

『犬ぐらし』 『今月のわんこ生活』
 作者  遠藤淑子
犬くらし  わんこ生活

どちらもペットショップで売れ残っていたボーダーコリー「ななっち」とちょっぴり頼りない飼い主さん(作者)の毎日を描いたお話です。
我が家がボーダーコリーを飼い始めて3年位たってから初めて手にしました。

読み始めた途端 爆笑の連続。
飼い主ベッタリでは無くちょっぴりツンデレな所などまさしく我が家のボーダーコリーにそっくりでした。
一人で 「そうそう、そうなのよね〜」 とうなづいたりとボーダーらしい「あるある」が満載です。     
          
            プレイバウ

ななっちとのお別れのお話は不覚にもちょっぴり涙が・・・
お空でお友達に「あんたっちのお供えしょぼいね」と言われないようにと、大好きな物をたくさんお供えしたりなど
ユーモアの中にも大きな悲しみが胸に伝わってきました。

ボーダーの飼い主さんだけでなく色々な犬種の飼い主さんにも是非手に取ってほしいなと思います。
特に犬育てに悩んでいる方、「我が家の犬だけでないんだぁ〜」とエールをもらえますよ。







BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

終生保護犬 とは

2017 - 07/21 [Fri] - 10:00




終生保護犬、ご存じでしょうか。
公式ホームページ レスキュー犬情報 をご覧いただくとそこから別途リンクで掲載しています。

BCRN は不幸にも家族を失ったボーダーコリーのしあわせのために、彼らを新しい家族へとつなげる活動をおこなうレスキュー団体では?
一般にシェルターといわれる自前の保護施設を持っていないはずなのに、例えばそこでその名の通り保護し続けるということ?

言葉からも疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

何故そうした名前で呼ばれる犬たちが存在するのでしょう。

少しお話したいと思いますのでお付き合いください。


様々な状況の中でレスキューを必要とする案件が発生します。
そこにBCRNのネットワークが及ぶ際、私たちがまず心に留め置くことがあります。
それは犬たちが、ひいては共に暮らす人間が不幸になりうる要素、可能性をできうる限り見極めていこうということです。
そのなかでも最たるもの、人に怪我をさせるようなことがあってはならないと考えます。

例えば、人を咬んでしまった。
これには単純な理由だけから説明がつくとは限らず、その背景には犬側だけでなく人間側の問題が存在しているという、複雑で複合的な要因があったりします。
とても難しい問題です。

ですからひとつの事案を検討するとき、この部分にまず重点をおいています。
犬に対する資格を持つ人間の目、数多く積んだ経験、などなど。
こうした客観性を加えながら正しいと思える判断を行っていきます。

しかし、、
見極められなかったこと、その時点では理解できなかったこと。
人との関係性において怪我に結びついてしまうことだけにとどまらず。
ボーダーコリーという犬種の特性へのより深い理解ということをとってみても。

私たちの力が十分にはいたらなかったのでしょう。

その結果として彼らの存在があるのです。


説明不足をさけたいと思います。
彼らはいわゆる 咬み犬 ではありません。

ただそのまま他の多くの犬たちがそうあるように、ごく普通に人と暮らすことがむずかしい犬たちであるとご理解ください。

もしかするとその心に病をかかえているため。
犬種ゆえの特質がよくない方向にかたむいてしまったため。
人間の行為が一般社会にはそぐわない形を作り出してしまったため。


それぞれの事由があるのだと思われます。


家族にむかえた犬たちを人はその愛と責任をもって最期までを見守ろうと思うはずです。

これは組織であっても同様ですしそうありたいと考えています。

終生保護犬、現在彼らは委託された預かり先で彼らの特性へと理解を得たなかで元気に過ごしています。

時しげくではありませんが彼らの様子は保護日記からも知っていただくことができます。

ありがたいことに彼らに寄せていただくご厚意も頂戴いたします。

おかげさまで彼らは彼ららしく生きることがかなっています。

どうかお気持ちとも見守ってあげていてください。


願わくば人の想いと努力によって、こうしたケースが数を重ねぬよう。

いっそうつとめてまいりたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。










BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

(413) リヒト 一日預かり日記

2017 - 07/19 [Wed] - 09:18

暑い!!!暑いですね!!

先日、リヒト君の紹介をさせていただきましたね。今回は引き続きリヒト君のお話です。
先週の日曜日に、リヒト君を一日預かりしました。


リヒト
預かりさんの日記はこちらから 


リヒト5

私の膝元によって来て撫でて~のポーズ!
男の子なのに顔が可愛い~(*^_^*)



朝に、本預かりさんからリードを渡してもらって車から降りたリヒト君。
ちょっと他のワンコにワゥワゥ言うも、怖がりもせずにリードを持たせてくれました。


そして、我が家恒例(たぶん私だけの恒例ですけど)のハグにも嫌がらずに応えてくれて、仮ママさんを見送って、いよいよ我が家にイン!

さて、ショートステイだ(*^_^*)

まずは、ベタベタ触りまくり・・・OK!
お次は、抱っこ・・・OK!
(腰が悪いのであんまり抱っこできないんですが)
んでから、室内で追いかけっこ・・・OK!
コマンド お座りはなどは、・・・OK!
毛並 さわり心地・・・OK!
 夏毛になって硬い毛もあったけど、すべすべで気持ちいいです。
抱き心地めっちゃいい・・・OK!
 スタイルが良くておなかもくびれてて腕の中にFITします。


それから、二人でしばらく追いかけっこして。
おやつ食べて。

まったく人見知りなし。
リヒトが怒ることもなし。


リヒト1

自宅カフェでまったり。




お互い飽きて、好きなことし始める。

しばらくすると、ちょこっとやってきて撫でて~の催促。


リヒト4



しばし、席を離れて2階へ行こうとすると、不安になってちょっと鳴く。
そんなにうるさくない鳴き方。


そのうち私の友人が二人でやってきた。

初めてのご対面でも吠えもせず、笑顔で出迎えるリヒト。
長時間友人と話し込むけど、その間何も言わずにおとなしくしててくれました。

リヒト2




雨が降ってたので、お散歩とか行けなかったけど、だからといってストレスを感じてた様子もなく、
人間にとってはとても良い子でした。

ただ、
ワンコが苦手なリヒト君は、
一度、姉がチワワを抱っこしてリヒトとご対面したとき
いきなりチワワにカプッとしようとしたくらいです。
カーテン越しにうちのレディースが近づいてもおとなしくしてました。
姿が見えなければOKみたいです。
ワンコであってワンコが苦手っていうのもおかしなことですが(笑)

初めてとは思えないほど人懐っこい子でした。
関西一押し男前リヒト君(^_-)-☆

多頭飼いのおうちでは、リヒトも先住犬にもストレスがかかるので、できたらリヒトだけを飼ってくれるご家族様を募集します。
特に関西での預かりは数が多くないので、関西でご希望の方がいらっしゃればいいな(*^_^*)








BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

家族募集中(426)フィル(関西)

2017 - 07/19 [Wed] - 07:54

家族募集中(426)フィル関西

4_1.jpg


2017/5/18 BCRNで保護しました。
性別:♂(去勢済)
年齢:10歳 2007年生まれ
体重:25、5kg(適正)
健康状態:血液検査問題なし、フィラリア(陽性)
性格:とても穏やかな良い子です。室内飼育を希望します。

☆☆☆預かりさんの日記より☆☆☆

7月9日愛知県で行われたBCRNとボタ助さんというレスキュー団体さんとの
合同イベントに参加しました。大勢の方が集まって下さり大盛況~💕
20170715183719af4.jpg

フィル君初めてのドックラン。
どんな反応かな~と思ったのですが、やっぱり基本動かず
静か~にしてました。暑かったしね(汗)喧嘩をすることもなく
良い子でした!

7_2.jpg

フィルを愛護センターより引き出した際に数日預って貰っていた
サポーターさん家族とも再会出来、まったりした時を過ごせたかな🎵

そんなフィルの預かり日記はこちら   フィルの日記





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN