FC2ブログ

BCRNでレスキュー中のボーダーコリーたちの情報です。 どの子にも幸せが来ますように。。

  BCRNブログのナビゲーター   トップページ  

愛犬と一緒に雪遊び♪

2018 - 12/10 [Mon] - 09:00

童謡『雪』にも「犬は喜び庭駆けまわり」と犬は雪が好きであることがわかるフレーズがあります。
寒さの苦手な犬種もいますが、多くは普段見慣れないふわふわの雪に大はしゃぎするのではないでしょうか。
寒さで家に引きこもりがちになってしまう冬。人も犬も運動不足解消に、休日は思い切って雪遊びをしに出掛けてみてはいかがですか? 

雪遊び1
                スノードックランにて
雪が降る地域は多いですが、ふわふわの雪が積もる所は多くはないと思います。
せっかくなら、愛犬のはしゃぐ姿を見てみたいですよね! 
犬に雪遊びをさせてあげられるのはドッグランだけではありません。スキー、スノーシューをはいてのスノーハイキングも楽しめるんです!

スノードッグラン
雪が積もる地域では、スノードッグランと題していつもとは違う楽しみができるのが魅力です。自由に思いっ切り走れるドッグランならではの愛犬の表情や姿が見られること間違いなし! しかし、場所によっては積雪で囲いの高さが低くなっているということも考えられますので、事前確認をオススメします。
DSC01193.jpg
                       スノードックランにて


スノーシュー(スノートレッキング)
「スノーシュー」とは一般的には雪道を歩きやすくする道具です。最近ではその歩行器具を付けて雪道をお散歩すること自体をスノーシューと呼ぶこともあるようです。愛犬と一緒に参加できるツアーなどが増えてきていますのでぜひ一度お試しください!
P2110044.jpg

スキー
スキー場はペット禁止とされていましたが、少しずつペットOKなスキー場が増えてきました。愛犬と一緒にリフトにも乗ることができるなど、スキー好きな飼い主さんには嬉しことですね! 他のお客さんもいますので、マナーを守って楽しみましょう。


雪遊びの注意

☆はぐれないように注意
雪山やドッグランなど、周りに人がいないからと油断していると愛犬とはぐれてしまいます。
積雪した場所は、岩や植物といった障害物が雪に埋まってしまうため、走り出した犬のスピードを制御するものがありません。
ドッグランであっても場所によっては積雪により囲いの高さが低くなって飛び越えやすくなってしまっていることも考えられます。
普段なら、名前を呼んで追いかければ犬が気付いて止まってくれるかもしれません。
しかし、普段から呼び戻しが完璧であっても見慣れない雪に興奮した犬に飼い主さんの声が届くか、また深く積もった雪では走って追いかけるのは困難です。
周りの人や安全に注意して遊ばせること、犬を離せない場所では、リードを必ずつけるようにしましょう。
 (以上は「ペットとの暮らしを素敵に楽しく」のPETOKOTOさんから引用させていただきました。)

これから本格的な冬がやってきますが、是非愛犬と一緒に冬を楽しんでくださいね。


BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


あなたならどうしますか?(再掲です)

2018 - 12/07 [Fri] - 10:00

このとこシニアのレスキュー案件が占める比率がやはり多くなってきていると思います。

あらためて考えさせられること、思うことがさまざまにあります。

少し古い記事の再掲ではありますが、何かのおりには彼らと暮らす私たち犬飼いがその心を定めておかなければならない事柄だと考えます。

そんなきっかけになることを願って。






幸せなワンとの生活、形は変わってもいつまでも続いて欲しいと願いながら、皆さんは大切な日々を暮らしていらっしゃることと思います。

でも人間も年をとり、彼らも年齢を重ねていきます。
かなしいかな、この流れに逆らうことはかないません。

ライフサイクルの違う彼ら、多くの場合は私たちが責任を持ってその生涯を見守り見送ることになります。
その先にあるもの、”老犬介護”の問題はすでに多くの方にも知られているかと思います。

シニア期から老齢といわれる時期になれば、人と同じく全盛期のような動きは出来なくなり、からだのあちらこちらに悪い部分も現れてきたりします。
そしてこれもまた人間と同じように「認知症」を発症してしまうこともあります。

例えばボーダーコリーは中型犬、いざ寝たきりとなってしまえばそのお世話は予想以上に大変なものとなるでしょう。
現在ではいわゆる介護用品も豊富になっていますが、やはり人の手を多く必要とすることは言うまでもありません。

ここでこうしたことをお伝えするよりも先の言葉を検索してみて下さい。
皆様の体験が綴られたブログやホームページが数多くあります。


さて本題です。
人が一生の間にともに歩む何頭かの犬たちと出会うとします。
そのサイクルを重ねるうち、人は自らも自身が老齢期へと入っていきます。

犬飼いさんの中には自分がこの犬(犬種を含めて)と付き合えるとしたら、どの年齢が見切り時だということを常に考えていらっしゃる方がいます。

あわせてもし自分を含めた人間側に何か予期せぬ問題が起きたとき、果たして残された愛犬の先行きがどうなるかということを慮り、それらに対してもしっかりと準備を整えられている方々もいます。

先程と同じように”老老介護”という言葉を検索してみて下さい。
そして出来ればそのあとに”犬”という言葉を添えて。

この問題、今後は更に考えていかねばならなくなってゆくと思います。

Google検索で一通り眺める限り、数年前にニュースでも取り上げられたことがあるようです。
年をとってしまった犬を介護するのがやはり老年となった飼い主。
そこには従来の介護の問題に加えて更に困難なものが横たわります。

さきに述べた”時期”を自らの感情を踏まえた上でどう判断するかということです。

共に暮らしてきた犬、お互いに愛着もあります。
ただ、その関係はある日突然保つことが出来なくなってしますかも知れません。

自分が先にいなくなってしまったら・・・

あなたの愛犬はもしかすると保護施設に入らざるをえなくなってしまうかも知れません。

運良くそこで新しい家族に出会える機会があったとしても、高齢となった犬はどうしてもその間口が狭まってしまいがちという悲しい現実があります。

私たち犬飼いはしっかりと自分をみつめ、今とこれからの事に向き合い、彼らのことを含めた責任をいかに果たすのか、そのためには何が必要でどう準備しておけばよいのかを自問し続けねばなりません。

こうしたことを常日頃から考え、しっかりと備えておくべきだと思います。

彼らが自分の足で元気に歩くことのできるあいだに。


その時が哀しいこととならぬよう、”時期”を正しくとらえ、実行できる勇気を!


このことが犬を愛する方々のお心に届くことを願ってやみません。




border-collie加工












BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ



幸せって?

2018 - 12/05 [Wed] - 09:00

昨日ふと思ったんです。
「犬の幸せってなんなんだろう?
うちの子は幸せですと胸を張るにはどうしたらいいんだろう?」
その人によって考え方は様々ですが、今日は私が思う犬の幸せを聞いて
いただけたらと思います。


・食べたい時に好きなだけ食べ物をあげる。
・やりたいように自由にさせる。

これは犬にとっての幸せでしょうか?
自分に置き換えて考えてみましょう。
自分の能力や才能や持っている潜在的な力を無視して、毎日を
ぐうたらと過ごす…
これは果たして幸せなのでしょうか?

そもそも犬は自分を守り、導いてくれる信頼できるリーダーを必要としています。
そのリーダーに、飼い主はならなければなりません。
命令や指示を出してもらい、それをこなしてたくさん褒めてもらう。
それだけで、犬は安心し満たされます。

ではリーダーになるためにはどうしたらいいのでしょうか?
きちんとしたしつけ、トレーニングを行うことです。
人が犬になにかを教える」「犬が人からの指示に従う」というプロセス
とても重要なのです。
このプロセスこそが犬との信頼関係を築く上で重要なコミュニケーション
となり、正しい関係性を持つことができます。
ついつい「可愛い可愛い」をしすぎてしまったりしますが、犬のためを思うなら甘やかさない事が一番大事です。

ここまで考えてきていかがだったでしょうか?
私の思う犬の幸せとは、
犬を犬として扱い、正しい愛情をかけること」。
これに尽きるのでは、と思いました。

20181204193104eaa.jpeg

※参考文献URL

あなたの犬は幸せですか?
http://dogschoolcolor.sakura.ne.jp/happiness.html

いい飼い主とは?
http://i-dog.jp/sippai13.html

正しい愛情の与え方
http://www.smiledogschool.com/knowledge/





BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

犬も猫???

2018 - 11/30 [Fri] - 09:00

「犬派」「猫派」といわれるくらい、ペット界で人気を二分する動物、
イヌとネコ。

しかし、イヌがネコに分類されるとしたら…びっくりですよね。
両方ともネコ目(もく)なんです。

「イヌはイヌ目だろう」と思うでしょうが、イヌ目は存在しません。

ネコは「ネコ目ネコ亜目ネコ科ネコ属ヤマネコ種イエネコ亜種」となって
います。

そして犬は「ネコ目 イヌ亜目 イヌ下目 イヌ科 イヌとその類縁、
10属35種」となっています。

ここから分かるのは、イヌもネコも元をたどると「ネコ目」という
同じ祖先ということです。

ネコ目は食肉目とも呼ばれ、主に肉を食べる動物はここに含まれます。

ネコ科、イヌ科以外にもマングース科、クマ科、イタチ科、
そして海からはアシカ科、セイウチ科などもネコ目に含まれます。
イヌだけでなく多くの動物がネコ目なんです。

イヌがネコ目なんて不思議な感じですが、ネコからイヌに
なったわけではないんです。

犬や猫の祖先は約6500万前 - 4800万年前に生息した
ミアキスを祖先とするそうです。

イタチに似た形で出し入れできる爪を持ち、骨盤は犬に近い生物だった
そうです。



2007年、アメリカの遺伝学者スティーヴン・J・オブライエン氏らが行った
遺伝子調査によると、現在生息しているすべてのネコ科動物の祖先は、
今からおよそ2000万年前、ヨーロッパあたりに生息していた
プセウダエルルスである公算が高いとのことです。

中でも1100万年前頃、アジアに生息していたヒョウのような捕食動物の
一種が、ネコ科動物の共通祖先であろうとしています。

イヌなどの食肉目(ネコ目)の祖先として、現生のイタチやテンのような形態の
ミアキスから3800万年前のヘスペロキオンを経て、約1500万年前には北米に
トマークタスが出現し、これがイヌ科の直接の祖先であると考えられている
ようです。

他のイヌ科動物とイヌ属が分岐したのは、約700万年前だそうです。

人間はどうなんでしょう?

「動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 哺乳綱 霊長目(サル目)真猿亜目
狭鼻下目 ヒト上科 ヒト科 ヒト亜科 ヒト族 ヒト亜族 ヒト属」

人は猿なんですよね~

不思議なことになんでお互いに共に生きる選択をしたんですかね?

犬猿の仲なんて言いますけど・・・

もともとは微生物から進化していった仲間です。

大きなカテゴリー「哺乳類」では、ヒトも仲間入りですね!

同じ仲間の為に少しやさしさを分けてみませんか?
皆さまからの暖かいご支援をよろしくお願いいたします。

DSC_8439a.jpg

魚を見て進化を考える犬

引用:子猫のへや https://www.konekono-heya.com/history/evolution.html
    ウィキペディアWikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%
                    83%8C%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90






BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

【424】シャムロック ご家族募集中

2018 - 11/28 [Wed] - 09:35

こんにちわ!

寒くなりましたね。そんな寒い中でも元気なシャムロックのご紹介です。

シャムロックさん、秋になってやっと行楽の季節になり、
関西のイベントに元気に参戦してくれています。
いろんな方になでなでしてもらって、シャムロックも嬉しそうです。



シャムロック3 (2)

しっかり店番もしています。
お客様にも褒めらるのです。
頼りがいあるぅ!
最近は、関西チームの看板犬でもあります。


シャムロック

でもちょっと疲れて、預かりかあちゃんに甘える。
「かあちゃん、ぼく、朝早くから頑張ってつかれたよ~」

そうシャムロックも朝早くから来て頑張ってくれてます。
私たちスタッフも朝から力仕事してて、疲れたーと思っていると
シャムロックが優しく癒してくれます。

あの男前の顔がまた堪らなく癒してくれますよ。
さらさらした長い耳横の毛も気持ちいいです。


来月12月は、年末なので関西でのイベントは控えさせていただきます。
来年からまた譲渡会などのイベントに参加しますので
またシャムロックも頑張って参加しますよ。
会いに来てくださいね。

イベントのお知らせはイベントブログのほうでご確認ください。

シャムロックにもずっとの家族が早く見つかったらいいですね。







シャムロックの日記が更新されてますよ。
読んでくださいね。

シャムロックの日記はこちらから

http://www.newbcrn.jp/web/blog/sr4_diary/220bcrn424/

シャムロックのことが気になりましたら、必ずこちらから保護観察日記をお読みください。
預かりさんが丁寧にシャムロックの様子を載せています。
この子がどういうこなのか、どういった点を気を着けねばならないのかを熟知してほしいのです。

シャムロック以外の子の日記も読んでいただくと嬉しいです。

日記には、彼らをBCRNで保護してからの大事な足跡が記されています。
大事な彼らの歴史でもあるのです。

日記を熟読していただいてから、エントリーしていただくと
大変ありがたいです。




シャムロック2 3














BCRNはボーダーコリーの幸せのための非営利ネットワークボランティア団体です。
その存在と活動は皆さまからの温かなお気持ちによって支えられています。
お寄せいただいたお心、オフィシャルグッズやフリーマーケットのお買い上げ、
またサポーターによる会費は当ネットワークの大切な柱となっています。
保護犬たちのため、集まった善意は大切に使わせていただいております。
この活動をより良く行っていくため、
引き続きサポーター一同努力を重ねていきたいと思っています。
皆様方のご理解とご協力をお願い致します。


BCRN保護犬のためにご支援をどうかよろしくお願いいたします
               
             


保護犬たちのもとへお気持ちを直接届けていただくことができます。
              
              image3987.gif
         Amazon 欲しいものリスト ご支援ページ




ランキングに参加しています!

こちらのランキングボタンをクリック頂けることも
BCRNへの嬉しい支援になります
どうぞこちらのブログランキングボタンもよろしくお願いします


にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ


 | HOME |  »

プロフィール

Author:rescueBorder
BCRNでレスキュー中の子達の情報やお知らせを公開しています。



ご支援をどうかよろしくお願いいたします。

リンクバナー

イベントのご案内はこちらです

Amazon欲しいものリストまとめ

Twitterwidget

最近の記事

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

タグクラウド


検索フォーム

☆家族募集中☆

BCRNにご協力下さい!

公式&協賛グッズはこちら
☆★BCRN公式グッズ★☆ bcst_b.jpg


ご購入によって、代金の 一部がBCRN支援金となります。

ブログランキング挑戦中!

カテゴリー

月別アーカイブ

BCRN blog Fun

RSSフィード

サポーターの皆様へ

BCRN